子連れハワイ旅行記 帰国フライト

ハワイからの帰りのフライトについて。
JL089 18:15発 22:00羽田着

帰国便の時間帯は良かったです。
昼の便だと確実に昼寝ぐらいの時間しか眠れないし、じっとしていられない月齢の子供の長時間対応(私が)は精神的にハードです。

18時便だと、その日現地でゆったりと過ごせるし、搭乗して数時間後は本格的な眠りにつける時間。夜の22時に日本に着いてから、自宅に到着後、寝たのは24時と遅くなりましたが、機内で長い時間眠れることを重視すると、母娘二人フライトの私には良かったです。
ただ翌日は時差ボケもあって4時半に元気に起きていましたが。。汗

帰国当日、この日は朝からビーチへ。
海に入ると疲れすぎてしまうので、砂浜で遊んで、ほどよく日光浴。
部屋に戻ってからは昼寝なしで、友人家族とランチしてのんびりしてからホノルル空港へ送ってもらいました。空港に向かう車に乗ったら、娘は30分くらい爆睡。起きてからの空港での待ち時間も機嫌よく過ごしてくれました。

ちょっとホノルル空港ネタを。

★貸し出しベビーカーカートがない!
チェックイン後、日本のように貸し出しベビーカーがないので、向こうで調達したバギーを搭乗ゲートまで使いました。ゲートで預かってくれるのでそこで渡して搭乗します。

★荷物を乗せるカートが有料!
空港についてから、荷物を乗せるカート(台車?)を使うのにお金がかかります。今までのハワイ旅行では、わざわざカートに乗せるほど荷物もなかったので気付かなかったけれど、今回は一人子連れ&荷物てんこもり。
全て自分で運ぶのは不可能なので、カートを使おうとしたら有料でびっくり。友人が娘と荷物をみていてくれたので、ポーターを呼びに行ってチェックインカウンターまで台車で運んでもらいました。カート置き場でコインを入れるようになっていたと思いますが、小銭がちょうどなかったりしたらイライラしそうです。

★いまだ空港内にフリーWiFiなし!
前回行った際にもなかったけれど、今度こそ使えるようになっているかも?と空港内スタバのフリーWiFiをあてにしてたのですが、変わらず通信環境ナシ。。涙

旅行中はフリーWiFiのみの接続にしていたので、羽田にパパに迎えに来てもらうのに最後の連絡がとれずにちょっと不安でした。フリーWiFiのみにして海外旅行に出るほうがチャレンジャーかもですね。笑

出国審査後に利用できる航空会社やクレジットカード会社の専用ラウンジがあり、こちらでは無料Wi-Fiサービスがあるようです。

話はもどって。

帰りの搭乗はとてもスムーズで、娘は泣くこともなく、あっさりシートに座ってくれました。帰りもバシネット席、かつ座席にチャイルドシート装着です。
しかし5分後には飽きて
「 降りる~降りる~~~~~~!」
と言いだし、これからまだ8時間あるんだぞ!と不安が募りましたが、まぁまぁ落ち着きましょう(自分。。)となだめて、隠し持っていた新しいシールブックやおやつなど、あの手この手で乗り切りました。

離陸後、CAさんがバシネットを寝られるように準備してくれたので、今回は寝かせてみることに!
シールを貼りまくり、おやつを食べまくり、

1時間ほど起きていましたが、ほどよく眠くなってきたようなので授乳し、ぐっすり眠ってからバシネットにトライしてみたら、すんなり寝ました!^^

身長82cmの娘は、M字開脚状態になってしまいましたが、そのまま動かず(動けず?)熟睡していたので、座って寝るより楽だったかな。4時間ほど眠ってくれました。

その後、一旦起きましたが、もう半分以上飛んでいたのでこちらも気持ちに余裕があり、しばらく遊んでからまたバシネットでスヤスヤ。おかげで食事ものんびり頂き、ぼーっと一人で旅の余韻を楽しむ余裕もありました。

その後、着陸する直前まで寝てくれて、起きてから少し席に座ったけれどまたグッスリ・・・

帰りはかなり楽なフライトとなったのでした。終わりよければ全てよし!^^

娘のベビーミールは、頼めばいつでも持ってきてくださるとのことでしたが、ほとんど寝ていたのでオーダーせずじまい。それにしてもJALの乗務員さんも皆あたたかく、機内食も美味しくてやはり国内線はいいな~~と改めて感じました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。