キュリオス シルクドゥソレイユ「感想」子供も楽しめる(けど長い)S席で観覧しました

最終更新日

日曜日はキュリオス シルクドゥソレイユを見てきました。娘も大満足で行って良かったです。^^
開演は15時半とゆっくりだったので、ランチをしてからのんびり向かって14時半前に東京テレポートに到着。駅からはアナウンスや看板が出ていて、迷いようもなく14時半前に劇場テントに到着。このテントの風情にテンションあがります♪
入り口脇に撮影スポットみたいなところがあったので何枚かパチパチ。その後テントの中へ。

子供のチャイルドシートレンタルは必須!

テントに入ると、ダイハツの車ドーン。キュリオスのキャラクターとともに。


中ではキュリオスグッズ諸々、演者さんに最後に渡すお花、お菓子系のお土産やら色々売ってました。
そして皆さん、つまみを買ってそこら中で食べてる食べてる!笑 なんでだろ、ああいうところに行くと、とりあえず食べようって気になるのは。。
私たちも例にもれず、キュリオスポップコーンとドリンクを購入。ポップコーンはキャラメル味、塩味ともに1,400円也。高いです。ええ。(娘が入れ物を気に入って、家でいろんなものを入れて持ち歩いてるので元はとった感ありますが。)

また、子供用にチャイルドシートも貸し出ししてくれています。10~15cmぐらいの分厚いシートを席に乗せて使います。おかげで3歳半の娘もしっかり見られる高さでした。シートはかなりの数、用意してあるようだったのでなくなることはなさそう?

このテント内だけではなく、外にも待っていられるスペースがあり、トイレもかなりの数があったのでごったがえすこともなくといった感じでした。

開演の15時半までずいぶん時間あるな〜と思ったのですが、テント内をのんびり見てトイレを済ませたらあっという間に15時になり、座席がある劇場テントへ入場。
着席してから私と娘はポップコーンをパクパク♪夫はあったかいチュロスとビールを。
開演前に食べ尽くす食いしん坊家族です。

公演時間は2時間半

全体の所要時間は2時間半。15時半開始。前半1時間、休憩30分、後半1時間といった感じです。
実際はもう少し短かったと思いますが、ざっと2時間半見ておけばよいと思います。会場を出たのは17時50分すぎぐらいだったかな。
かなり長いです。大人でもちょっと長いなと感じはじめてからやっと前半の休憩が入る感じだったので、子供にはちょっと長すぎる感じです。

座席はS席で。だけどSS席がやっぱり良い!

座席はS席にしました。席のポジションが良かったので最終的にはこれで良かったと思いますが、やっぱりSS席が良いです。当たり前か。^^
昔見た「ZED」の時と全然感じ方が違いましたもん。あちらのほうが楽しめてかつ感動があったのは、SS席で全体像を見渡せていたからだと思います。
演目を楽しむにはどの席でも見えますが、やはり真正面から見るのと横から見るのじゃ世界観が全く違う。SS席とS席の違いを舐めてました。。


こんな感じに舞台が見えます。
全体像が見渡せないのはやっぱり残念な図。演者さんは基本正面向いてますし、横から見た絵だと何を表現しているのかよくわからない部分もありました。
おかげでただでさえ事前下調べをしていなかった私たち夫婦には世界観がサッパリわかりませんでした。笑
幼児連れで子供が飽きてしまいそう〜的な不安がある場合は、演目はしっかり見られるA席でも十分楽しめるのかなと思いました。

座席ですが、私たちは一番後ろ、端から3席というラッキー。Gエリアのオレンジの一番手前端です。


一番端の席の前には座席がなかったので、とても見晴らしがよく、そこに娘を座らせました。途中、飽きて立ったり座ったりしても他の方の迷惑にならない席だったのでそういう意味ではとても良い席でした。

子供も興奮!3歳7ヶ月はめちゃくちゃ楽しそうでした。

娘はショーが始まってからは終始楽しそうで、
「わぁ〜〜!すごいね〜〜!」を連発。
驚きの芸を見るとびっくりしてお口を押さえて何度も私を見る。(可愛いすぎ〜w)

「わ〜あの人はどこからきたの〜」
「わ〜あの人はどこに行くんだろう〜」
「わ〜あれはなにしてるんだろ〜」

とエンドレス質問したかと思うと、皆が手拍子するようなダンサブルな曲がかかるとノリノリで踊りまくり。いつそのヒップホップ的な動き学んだ?くらいな感じで。すっごい楽しそうだけど、いやいや舞台を見てと。

トランポリンで飛びまくる演目を見たときは
「あれはMたんにはできないな〜〜」←いや、みんなできないからw

そんな調子で前半の30分ぐらいはしっかりと見て楽しんでいましたが、やはり30分過ぎた頃あたりから集中力が切れてきて、関係ないことを話しかけてきたり、席から降りたりし始めました。
私もちょっと疲れてきて、タイム〜って感じてきた頃にやっと休憩が!休憩30分て意外と長い。トイレに行く人数が半端ないので当然なんですが、娘は席まわりをウロウロしたり遊んでいたものの「なんか眠い〜」と私の膝に横になり、寝てしまいそう汗!と思った頃に後半開始!

最初の15分ぐらいはまた集中して楽しんでいましたが、その後は席から降りたり、パパに「抱っこ〜」って甘えに行ってみたり。面白そうな場面で「見て〜!」と声をかけるとまた集中しては飽きて・・の繰り返しでした。
子供に2時間半はやっぱり長い。。でも動き回れたのが良かったのかグズることもなく楽しそうにしていました。^^

私的感想

今回のキュリオス、以前見たZEDのときも、長いな〜という印象がありましたが、今回もやっぱり長かった。笑
が!ものすごいパフォーマンスはやっぱりどれも見応えがあって興奮しました。
「アクロネット」や「バンキン」は見応え十分!「シアター・オブ・ハンズ」のようなファンタジー感じる可愛い演目も、指があんなに可愛い人間に見えるなんてすごすぎたし、「エアリアル・ストラップ」の肉体美溢れるゲイ的演目もすごかった。夫も帰りに「あれはホモっぽいよね」と意見一致。w

それにしても親バカ的には、娘のあの驚きの顔、楽しんでる様子が一番印象的でした。
子供にいろんな世界を見せてあげることは感性を広げるのに大切なこと、好き、憧れを見つける大切な経験になるなぁと改めて思いました。行って良かったです!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。