散らかりまくる娘のおもちゃをダイソーのボックスに収納してみた

最終更新日

週末、どちらか1日はパパと娘は2人デートなんですが、毎回なにかしらガチャガチャ系の小さなおもちゃを持って帰ってきます。

私は自分が子供の頃はガチャガチャってあまり興味なかったような、というか親がやらせてくれなかったのかしら、覚えていないのですが。
自分が関心が薄いせいもあり(しかも300円とか高いのあるしね、汗)娘がガチャガチャやりたいと言っても「今小銭がないな〜」などと言い訳してスルーするので、ママはやらせてくれない、とあきらめているようです。(たまにねばり勝ちされますが。)

で、これらのガチャガチャの小さいおもちゃや、ビー玉とか小さなボール、おはじきのようなものなど、とにかくやたら小さいおもちゃが家に増えてきて、夜になるとそれがそこら中にぶちまけられていて、あーまたえらいことになっとる。。と毎晩思っていました。

年末の片付けですっきりしたはずなんだけど、最近それらの細かいおもちゃ、紙で手作りしたもろもろを保育園から持って帰ったもの、こないだのモアナの手作りグッズみたいなものとか、プリンセスの顔を切り抜いた大量の紙とか、こちらからすると即ゴミ箱行きのようなもの(ごめん、娘)がじゃんじゃん増えていて、それらの片付け場所が決まっていなかったので、必然的にまた散らかるという事態に陥っていました。

スポンサードリンク

しょうがないので、年末の断捨離で片付いたダイニングにある収納棚をもう一度整理、下のスペースは娘のおもちゃをしまう場所にしました。
ダイソーで売ってるシンプルなふた付き収納ボックス。これがこの収納棚にサイズがぴったりで以前から何個か使っていたので、買い足しました。棚の中なので、蓋はいらないんですが、また違う使い方をするかもしれないので一応とってあります。

右下は大きなサイズのもので、ふたは付いているけど、別売りなので買いませんでした。塗り絵やクレヨン、色鉛筆などをざっくり一つにまとめています。

他の小さいボックスにはガチャガチャ系の細かいおもちゃ、トランプやかるた類、LEGOなどを入れています。ボックスのサイズにあわない積み木やパズル、ストーリーリーダーなどは棚の位置を調整して取りやすく。
そしてボックスの色は全部白で統一したかったのですが、近所の店舗で白は人気なのか、売り切れが続いていたので、しびれを切らして娘の好きな赤を4つ購入しました。
で、赤の上のボックスにはレゴを、下にはかるた、トランプとか入れよう〜と説明して一緒にしまうようにしたら、以降ちゃんと自分でしまうようになりました。^^

一生懸命しまうの図

終了〜♪

しかし問題点があり、しまうとそのおもちゃの存在を忘れてしまうという。。。w
見ていると、翌日は大抵しまったことは忘れてとりあえず目についたものでしか遊ばないので、「ここにコレ、しまったよね〜」と扉を開けてあげると、「ああ〜懐かしい〜〜♪」とか言ってゴソゴソ出しはじめます。^^
懐かしいってあなた、昨日も遊んだけど。。と思いつつ。そんなこんなで、しまうという感覚に少しなれてきた娘です。

片付けについては、1アクションならできる人(カゴに入れる、など一度で済む行為)、2アクションでもできる人(棚をあけ、その中にある箱にしまう、など二度何かをする行為)、それぞれタイプがあるので、その人にあった片付け方を提案してあげるのが良いと聞きました。
見ていると、娘は2アクションでも片付けられるタイプのようですが、それ以前に片付け自体を毎晩キッチリするというところからスタートという感じです。^^

ところで先週はお友達に誘われて、防災セミナーを聞いてきました。
3.11の震災からだいぶたち、危機意識も薄れていたし、改めて話を聞くと、東京に直下型地震がきたらどうなってしまうのか、考えると恐ろしさでドキドキしてしまいました。防災グッズや備蓄品なども、改めてチェックしないとと思いました。
断捨離したり、日々必要な物だけを持って暮らすことは(最低限の備蓄品はもちろん必要ですが)地震の備えにもいいことだと改めて思いました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。