子連れハワイ旅行記 ハワイで乳腺炎

最終更新日

ハワイ渡航前、毎日慌ただしく過ごし、睡眠不足で疲れがとれていなかったのか、スコーンにハマり甘いものを沢山食べていたせいか。。

滞在一週間後、乳腺炎になってしまいました!

アウェイの地にて、初の乳腺炎はかなりきつかった~(´Д` )
今まで白斑はできたことがありましたが、高熱が出るような乳腺炎は初めてでした。。

乳腺炎は突然に。。

夕方、公園で遊んでからしばらく散歩していたら、突然、右胸がすご~く痛い気がして、触ってみたらガッチガチで石みたい!すぐ娘に飲んでもらったけれど、時すでに遅し!
全くガチガチ感がとれず、胸がズキズキと痛いし、フラフラしてきて熱もありそうだったので急いで帰宅しました。

その日は早めに寝るも、どんどん熱があがってる様子で汗びっしょり&ものすごいしんどさ!
夜中、痛いほうのおっぱいをなんとか飲んでもらおうと、娘を起こして差し出してみても、顔をしかめて、
「こっち、いやなの~~。。」
と拒否される。
「いやいや、そう言わずにお願いしますよ~~」
と言っても
「いらな~~いっっ!!💢怒」
とキレられ、深夜寝た子を起こして飲んでもらえない上にグズられ、辛すぎて普通に涙が出ました。。ヨヨヨ

そんな痛い夜をなんとか乗り越え、翌朝、おっぱいトラブルに対応してくれそうなところを探し、即電話。しかもそのサロンがステイしているコンドから歩いて10分くらいのところ!

状況を話すと、お昼ぐらいに時間を作ってくれて診てもらえることになりました。急な問い合わせに応じてもらい、感謝です!

オーナーは不在でしたが、他の日本人スタッフの方に対応してもらいました。ガチガチすぎてかなり長い時間マッサージしてもらったけれど、ず〜っと激痛という地獄。。
しかも終わったらまた熱が高くなってきてフラフラ~(´Д` )本当に恐ろしき乳腺炎です。。

最後に、免疫力アップを助けてくれるというドテラのアロマのサプリ「オンガード」をお勧めされ、買って帰りました。

家に着く頃にはまた少し楽になってきて、この日も早く就寝。相変わらず娘にはマズイおっぱいを毛嫌いされ、苦戦しましたが、サプリをこまめにしっかり飲み、2日ほどで痛みもとれてきて、体も楽になりました。
痛みのピークは初日の深夜で、翌日マッサージ後からは徐々に落ち着き、ほぼ普通どおりに戻ったのは4日後くらいだったかな〜。長かったです。涙

ハワイで唯一おっぱいマッサージをしてくれるサロン

こちらのサロンは、母乳で育てたいママのためのおっぱいケアをしていて、サロンにいる間も次々とママさんが赤ちゃん連れでケアにきていました。
ハワイに住む妊婦さんに向けたドテラのアロマのワークショップもやっており、興味があったので、私も後日ワークショップに参加させてもらいました。

サロンの料金は、初回金額で$165でした。2回目は。。確か上記の2/3くらいの金額だったかな。再診には行かなかったので、料金聞いたけど忘れてしまいました。

日本では桶谷式マッサージにお世話になっていますが、通常一回3,000円くらいなので、それに比べたらもちろん高い!けれどアメリカで普通に病院にかかる医療費を考えれば、全~然安いです。ハワイに桶谷ってあるのかな、、と探してみましたが、あるようですが、連絡先が見つからずでした。
また、電話も日本語でとお願いすれば、日本人のスタッフに変わってもらえるので英語ができなくても大丈夫です。

日本人オーナー 夏目奈緒子さんのサロン

NIC Services
1750 Kalakaua Avenue Century Center #2902 Honolulu, HI
808-226-9063

しかし予期せぬ体調不良はあるものですね~。
とにもかくにも授乳ママは旅行中、疲れを溜めないスケジュールが一番ですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。