世田谷公園のプレーパークは昭和の香り。たまにはわんぱくワイルド路線。

最終更新日

今日は世田谷公園のプレーパークに遊びに行ってきました。

我ら親子は、世田谷公園には遊びに行くことはあっても、プレーパークでじっくり遊んだことはありませんでしたでした。何故かというと、単なる親事情ですが、
泥んこになるから。
蚊が半端ない数だから。

という理由です。

とはいえ、泥んこで好きなように遊ばせてあげたいとは思っていたので、久しぶりなお友達親子に誘われ、いい機会だ!と思い、汚れてもいい服装で、着替えを持って、タオルも持って、準備万端で出陣したのでした。

13時頃に到着したのですが、娘はちょっとおネムモードに入ってしまって、微妙な機嫌具合。
到着前は、最近マイブームの「エルサヘア」(ただのゆるい三つ編み)を
「⚪︎⚪︎ちゃん、可愛い〜って言ってくれるかなぁママ〜♪」
とノリノリだったのに、いざお友達に会っても超真顔。無言。ちーん。。

スポンサードリンク

手作り感満載の遊具

世田谷公園の中に位置するプレーパーク、一歩足を踏み入れるとそこは別世界。昭和、というか野生の香りがぷんぷんしていました。


こんな可愛い手作りのブランコがあったり、


こんな手作りな滑り台があったり、


こんなトムソーヤみたいな小屋(ただいま工事中)があったり。
以前、通りがかった時も、この小屋の上に少年たちがいて、なんてステキ・・・と下から口を開けて見つめてしまいました。

ほんとわんぱくな子供にとっては大好物の場所です。私も小学生時代にワープすることができたなら、毎日ここに来てるんじゃないかな。^^

プレーパークは幼児にはまだ早い?

3歳目前の娘ですが、ここで遊び尽くすにはまだ体力的に早いかもしれません。遊べるものは、プレーパークで貸してくれている、その辺にゴロゴロ転がっているペダルなし自転車や、ブランコ、平均台や、夏場はプールなど。

それでも十分に遊べるけれど、こういう遊び場を堪能できるのはやっぱり手足の力がもう少し発達してからかなという感じ。トムソーヤ小屋や滑り台などはかなり高さがあるので。

この手作り滑り台、トップ写真のオレンジの低いものならいけるかな〜と思いましたが、これでも幼児には急すぎた。私はスリッポンを履いていたのでツルツル滑るし、娘と手をつないで上まで登ろうとしたのですが、うまく登れず苦戦。

私と娘が途中までのぼってはズサ〜っと無残に落ちていくのを見かけた男の子。
「俺ならつま先だけでいけるぜ。」
とサッサと登頂。負けじと私たちもなんとか頂点に到着。しかし娘は結構な高さで怖かったらしく早々に滑り降りました。

これはプール↓。すごいワイルド。w
常連さんは水着も持参していました。みんな好き勝手に浸かってはピチャピチャ楽しそうに遊んでいます。

その他、手作りシーソー?やら、火おこしやら、ロープでビューンってターザンみたいにぶらさがるやつとか。このエリアのワイルドさはすごい。

娘も途中からいろんな所に走って行っては、
「これはなんなの?」
とお兄さんお姉さん、おじいさんなどに質問したり、初めてのワイルドな環境を満喫しているようでした。

子連れながらも友達ともおしゃべりできたし、いつもの綺麗な公園より味があって、たまには泥んこで遊ぶのも良いな〜と思いました。

案の定、泥んこ具合は半端ないわ、蚊には刺されまくるわで大変でしたが、楽しかった♪今度は娘が機嫌の良い朝から連れていってみたいです。^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。