世田谷公園のプレーパークは昭和の香り。たまにはわんぱくワイルド路線。

今日は世田谷公園のプレーパークに遊びに行ってきました。

我ら親子は、世田谷公園には遊びに行くことはあっても、あまりプレーパークでじっくり遊んだことはありませんでしたでした。沢山蚊がいるのでどうしても避けてしまう。。汗
泥んこで好きなように遊ばせてあげたいとは思ってはいるんですがね。。でも久しぶりなお友達親子に誘われいい機会だと思い、汚れてもいい服装で着替えを持って準備万端で出陣しました。

手作り感満載の遊具

世田谷公園の中に位置するプレーパーク、一歩足を踏み入れるとそこは別世界。昭和、というか野生の香りがぷんぷんしていました。


こんな可愛い手作りのブランコがあったり、


手作り滑り台があったり、


トムソーヤみたいな小屋(ただいま工事中)があったり。
以前、通りがかった時も、この小屋の上に少年たちがいて、楽しそう。。と下から口を開けて見つめてしまいました。

わんぱくな子供にとっては大好物の場所でしょう。私も小学生時代にワープすることができたなら、毎日ここに来てるんじゃないかな。^^

プレーパークは幼児にはまだ早い?

3歳目前の娘ですが、ここで遊び尽くすにはまだ体力的に早いかもしれません。遊べるものは、プレーパークで貸してくれている、その辺にゴロゴロ転がっているペダルなし自転車や、ブランコ、平均台や、夏場はプールなど。

それでも十分に遊べるけど、こういう遊び場を堪能できるのはやっぱり手足の力がもう少し発達してからかなという感じ。トムソーヤ小屋や滑り台などはかなり高さがあるのでちょっと危ないです。

この手作り滑り台、トップ写真のオレンジの低いものならいけるかな〜と思いましたが、これでも幼児には急すぎた。私はスリッポンを履いていたのでツルツル滑るし、娘と手をつないで上まで登ろうとしたのですが、うまく登れず苦戦。

これはプール↓。すごいワイルド。w
常連さんは水着も持参していました。みんな好き勝手に浸かってはピチャピチャ楽しそうに遊んでいます。

その他、手作りシーソー?やら、火おこしやら、ロープでビューンってターザンみたいにぶらさがるやつとか。このエリアのワイルドさはすごい。

娘も途中からいろんな所に走って行っては「これは何ー?」とお兄さんお姉さん、おじいさんなどに質問したり、初めてのワイルドな環境を満喫しているようでした。

いつもの綺麗な公園より味があって、泥んこで遊ぶのも良かった!案の定、泥んこ具合は半端ないわ、蚊には刺されまくるわで大変でしたがまた行きたい!

スポンサードリンク

コメントを残す