初のベビーカーでのバス乗車、からのぎっくり腰・・

最終更新日

ぎっくり腰がよくなってきたので連日、お出かけしていました。
今日は友人と代官山ツタヤ待ち合わせ。愛犬散歩と愛娘散歩中の途中休憩お茶♪

そしてベビーカーでバスに初乗りしたのですが、前から乗りこもうとしたらいきなり通路に入れない!><
愛用ベビーカーはベグベレーゴで、友達も使っていて、以前彼女がバスの前のドアから乗りこむのを見ていたので、スムーズに入れるんだなぁと思っていましたが、バスによって通路のところの幅が違うのすっかり忘れていました。慌てて退散し、後ろから再乗車。

お金を払う時もまわりの方がベビーカーを押さえてくれたり、「大丈夫ですか」と不慣れな様子の私に声をかけてくれたり、まわりのあたたかい対応が神でした。ありがたやありがたや。。

そして今度は自分の停留所に着き、降りようと思ったら、歩道とバスの間に結構な隙間が空いてる!滝汗
まず後輪をおろしても車道に降りちゃうので、すぐ後ろの歩道につっかかって前輪をおろせないじゃないか〜〜。
またアワアワしてたら、今度は歩行中のおじさまが前の車輪を持ち上げてくれました。あのまま誰も手伝ってくれなかったら、どうにもならずに力ずくでベビーカーを持ち上げてその場でぎっくり腰が崩壊していたことでしょう。

感謝です。。いや、ほんと皆さんお優しい。。><
丁重にお礼を述べていざ代官山方面へ歩き始めました。
そういえば娘のシートベルトをしっかりしめられていなかった、さっき降りる時危なかったじゃん!と思い、再度しっかり締めなおそう!と安全な場所にベビーカーを止めて腰をかがめたら。。

ぐはっ!

また腰にビリっと電流が流れたような激痛が走り、膝から崩れ落ちる私。
うわ〜〜こんなところでマズイぞ。。としばらく片膝をついたまま悶絶。チラと娘を見ると「ドウチタノデスカ。。」とこちらを見ている。泣き始めたらマズイと更に焦る私。

その後なんとか奇跡的に復活し、友人との待ち合わせ場所にかなりのヨチヨチ歩きで到着。
「またぎっくり腰になってしまいました。。」
と話すと、お茶も早々に友人ママが車で迎えにきてくれて、家までわざわざ送ってくれました。。
なんとも人騒がせなことになってしまいました。。

ベビーがいるとすぐ大荷物になるから一緒にお出かけするとぎっくり腰が再発しやすいですね。
1週間とか家で寝てるわけにもいかないので本当辛い!
しばらくは外出は近場だけにして安静に過ごそうと思います。。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。