両親から雛人形のプレンゼント、お祝いごとに関して思うこと

最終更新日

初節句。
お祝いはしたいけれど雛人形をどうするか、迷うところです。1年のうちにちょっとしか出番がないのにしまうにはかさばるアイテム、雛人形。。

考えていると、実家の両親が早々に
「雛人形どうするの〜?素敵なの見てきたの。こんなんどうかしらー!買ってあげる〜」
と何枚か写真を送ってきてくれました。
しまう場所がないから迷ってる、とレスすると、シーズンオフは預かるよ〜と言ってくれたので、じゃあお言葉に甘えますと買うことにしました。^^

で、早速届いたのだけど、私好みのシンプルな美しい人形でとても嬉しい!!こじんまりしたお顔、シルエット、衣装も美しい。。なかなかセンスよいわ。(上から目線。w)到着したらいよいよひな祭り気分になってきました。

スポンサードリンク

同封されていたパンフレットを読むと

「お母さんになってもおばあちゃんになっても毎年出して飾ってあげてください。ずっとあなたを見守っているのです。」

・・そんなに見守るのか。。笑

実際大きくなっても毎年出してる人はいないでしょ。。これは雛人形業界の戦略よね、お守りと同じお役目だから1人に1つとか。。姉妹が何人もいたら人形の館になってしまうぞ。保管も大変だし、、って罰当たりなことを書いたかしら。。

そんな初節句、双方の両親参加で我が家でご飯を食べてみんなでお祝いすることになりました。^^
しかし、、実は結婚後、義母に初の手料理披露なんだよね。ちょっと緊張とストレスあります。。大丈夫かしら。汗
でもひな祭り自体は楽しみです!^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。