電動自転車で転んだら確実に怪我する。子供のシートベルトはマスト!過去に転倒した話

最終更新日

今までは雨が降ったら自転車には乗らない派だったのですが、幼稚園に通い始めたら、雨だからといって歩いて行くには距離があるし、こうなったら雨が降っても槍が降っても自転車で行きたいと思い始めました。

すでに入園から2ヶ月が経過しようとしていますが、この間に土砂降りが二度ほど。。というか二度で済んでる事がすごい。
数ヶ月前の断捨離で、ウィンドジャケットなども全て捨ててしまったので、とにかく雨を凌ぐものがなかったので、この2回はぬれねずみで送迎。汗

まわりのママに「この人なんの武装もせずにどうしたの?」と思われるぐらいずぶ濡れになって送迎し、かなり恥ずかしかったので次の雨までに絶対買わねば〜〜!と思っておりました。

スポンサードリンク

そういえば!!昨日驚いたんですが、電動自転車で傘をさしてる人がいた!!w(゚△゚)w
普通の自転車ならともかく、電動自転車の場合はいざという時、あの重い車体を片手で操作するのはリスキー極まりなくないですか?

それに今や傘をさして片手運転って道路交通法違反、というか捕まって罰金云々より、本当に電動自転車で転んだらえらいことになるんです。←なった人。遠い目。

あれは、電動自転車を買って2週間ほど経った頃。。2016年9月のことでした。
まだ慣れない電動自転車に乗って娘と近くに買い物に出かけた帰り、カフェでのんびりしていたら雨が降ってきて。しばらく待っていたけど止まないので、初の雨に緊張しながらも帰ることにしました。

しばらく漕いでいる時に、ちょっと片手運転をした瞬間に、タイミングよく?雨でタイヤがスリップしてしまって、思いっきり転倒!何がどうなったかわからないけど体にすごい衝撃。
足のスネに熱い痛みを感じて手でサスリつつ、急いで娘を振り返ると、娘はシートベルトのおかげで投げ出されずに、そのまんまの姿勢で自転車ごと横になっていました。

「ごめん!!転んじゃった。大丈夫?」
とびっくりして泣いている娘の手をさすったり、怪我がないかあちこちに触れていると、娘のあちこちに血がついてる。

「うわ!!やっぱりどこか怪我した?どこなのーーっ?!」
焦って探すものの、娘はどこも痛がっていない。

ふと自分の手を見ると、、
手が血だらけ!!〣( ºΔº )〣

な、なんなの、この血は。。と自分を見おろすと、デニムのひざ下が真っ赤に血に染まっていました。

なんじゃあこりゃああああ〜〜〜!涙

最初に自分で足をさすった時に手に血がつき、その血を娘につけてしまっていたのでした。
動揺しつつも、まずは自転車を起こして端に寄せようと思ったけど、全くもってビクともしない重量感。何十キロあるんだ、こやつは。。と思っていると、通りがかりのお兄さんがサクッと自転車を起こしてはじに寄せてくれました。ありがとう!

そうこうしているうちに、娘も血だらけの私の足に気づきギャン泣き。私は血を見るのがダメなので、みるみる貧血を起こし、過呼吸も起こしてヒーヒー言いだす始末。

その場にへたりこんでいると、その前にあった自営の会社の事務所らしきところから女性が出てきて「まぁ〜大変っ!あなた、歩ける?」と。「む、むりです。。」蚊の鳴くような声で答える私。「救急車呼んだほうがいい?ちょっと待っててね!あなたぁ〜〜〜っ!」と旦那様を呼びに行きました。
旦那様、すぐに駆けつけてくれて、自分の会社の倉庫に私の自転車を移動してくださり、もう息も絶え絶えな私と泣きじゃくる娘を車に乗せて、近くの病院まで運んでくださったのでした。
これは本当に神対応といいますね。涙

感謝しつつも、私は相変わらず過呼吸でヒーヒー状態。手足にも酸素がいかなくなってしびれてきましたが、この情けない姿が娘のトラウマになってはいかんと思い、「だ、大丈夫だからね。」と全く大丈夫そうじゃないゾンビ顔で娘に必死で声がけしながら病院に到着。

すぐに処置室に運ばれ、デニムを脱がされ、傷を確認されました。一体何針縫うことになるんだろう。どんな大きな傷なんだろう。怖くて見れない。ヒーヒー。><

結果として。。


(当時の病院での写真)

1cmぐらいの傷でした。。えっ?

他は擦り傷で消毒したら終わり。1cmぐらいの傷だったものの、何かの部品でえぐれたのか、傷が深くてかなり出血してしまったようでした。(1年ぐらいは赤っぽい傷跡になっていましたが、今はほぼ消えました。)

手当中、娘は看護師さんが遊んでくれたおかげですっかりご機嫌に戻っていました。^^

そんなわけで、それ以降は少雨でも雨が降ったら自転車に乗らない、というか怖くて乗れなかったのですが、やはり不便を感じて徐々に乗るようになりました。今後も気を引き締めて乗ろうと思います。。

あ、レインポンチョを買った話をしたかったのに関係ない話になってしまった。次回日記に書きます。^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。