卒乳★1歳11ヶ月④当日の夜

雑すぎる手書きトイトレカレンダー。笑
オシッコは1つ。ウンチは2つシールを貼れます♪なかなか順調です。

昼頃に感動的な最後の授乳を経て、午後はしばらく家で遊んでいたものの、ずっと家にいるとすぐおっぱいしたがるので、雨の中、外に連れ出したものの、道すがらぐっすり昼寝してしまったので、所要を済ませ、約1時間半後、目覚めたので児童館へ。しかしいつもと違い、遊んでいてもなんだか気乗りしない様子で表情がない。。汗

そしてしばらくすると寂しげな顔で
「Meeタン、ぺーぺーするの〜」
と授乳コーナーを指差す。。

まずいぞ、この空気は。。と色々と遊びに誘ってみるものの、どんどん口がへの字になって、授乳コーナーにすごい力で私を引っ張っていき、
「ママ、ここ座るの、Meeタン、ペーペーするの〜〜〜!」
と泣き出した。
「もうペーペーしないんだよ?」
と言っても、
「ペーペーするの!!するの〜〜!!泣」
と号泣。。涙

外でおっぱいをせがまれることはほとんどなくなっていたのに、やっぱりもう飲めないことを意識している感じ。。
平和な児童館の空気をつんざく娘の号泣が部屋に響きまくり、到着10分で撤収です。

スポンサードリンク

帰宅後は、今までは何をおいても、まずは手を洗ったら、即ぺーぺータイムがお約束の私たちだったので、とりあえず食べ物で落ち着かせようと即キウイを提供!
それまで覇気のない表情をしていた娘も
「美味しいぃ〜♪♪」
と顔をほころばせた。ホッ♪

そして「おかあさんといっしょ」を見せ、テレビに気をとられている間に、洗面所に駆け込み、おっぱいに絵をカキカキ。
桶谷式では、おっぱいを止めたあと、おっぱいに絵を書いて、それを子供に見せることによって、子供がもうおっぱいじゃなくなっちゃったんだ!もう卒業なんだ!と意識するような儀式があります。

最初聞いた時は、何ですか、それは。。と思ったけれど、経験談などを読むと、子供によっていろんな反応があるし、すごく興味深くて、娘がどんな反応を見せるか、そしてそれによって本当におっぱいは終わりなんだ、、と認識するなら良い儀式だな~と思い、やろうと思っていました。

右はうさぎ、左はあんぱんマンの絵を描きました。急いでいたし、絵が下手すぎて、これが何なのか理解できるのか?という別の不安がありましたが、落ち着いた様子の娘のところに行って、
「おっぱいどうなったか見てみる?」
と聞くと
「・・? うん。。」
というので、おっぱいを見せてみると、、、
驚いた様子もなく
「・・・あんぱんまん?」
と。

無表情かい!と思いながら
「こっちはね、こんなんなっちゃった〜!」
ともう一個のおっぱいを見せると

「う、、うさぎさん。。?」
と。

絵が下手すぎて確認されてる感じだったが
「そうそう〜〜!あたりぃ〜〜〜♪」
と伝わってホッとする私。

ちょっと面白くなってきたのか、
「もいっか〜〜いあんぱんまん見る〜♪」
と言うので見せると、

「ふ、ふふふふふ♪」
と笑ってる。

まさか絵の下手さを笑ってるんじゃ。。と思いつつ、
「おっぱいじゃなくなっちゃったみたいだね〜」
ということに強制的にまとめて、場が和んだところで、とりあえずいっそいで夕食作り。

グズられないように、いつになく段取りよく夕飯を作りました。もう早送りぐらいなんじゃないかってぐらい手動かしてた。頑張った。
そしてモリモリご機嫌で食べてくれて、グズることもなく夜を迎えたのでした。

夕飯後もたまに
「あんぱんまん見る〜〜!うさぎ見る〜〜♪」
とせがまれて、見せると
「ふふふふははは〜♪」
と笑う娘。

なんだかよくわからんけど違うものになったと言いたいんだな?って感じでした。そしてシャワーを浴び、歯を磨き、就寝タイムまでたどり着きました。

ホッよかった。。なんていい感じにすすんだんだろう。このまま平和に眠れるといいな。。と思ったものの、そうは問屋がおろしませんでした。。
つづく。。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。