卒乳・断乳の方法や時期★痛くないケアについて

photo from Bebe au Lait ベベオレのケープ使ってました♪

スポンサードリンク

卒乳と断乳の違いって?

母乳を止めるときには「卒乳」と「断乳」があります。卒乳とは、赤ちゃんが母乳を必要としなくなり、自ら卒業していくこと。断乳とは、ママが母乳育児を終わらせることです。

断乳の時期は?

一人歩きができて、食事もすすみ、かたいものも食べられるようになった頃、などといわれますが、大体1歳前後でおっぱいを止めることを考えるママが多いのではないでしょうか。私は2歳まで授乳しましたが、授乳室ではやはり0歳児か、1歳前半かなぁと思うようなベビーたちが中心でした。娘が一番大きかった気がします。^^

でもおっぱいを止めるタイミングは、本当にそのママとベビーとの間で決めることなので、誰に何を言われようが自分がいいと思う時まで授乳すれば良いと私は思ってます。

断乳のタイミング

・親子ともに体調がよい
・おっぱいのトラブルがない
・たくさん水分のいる夏場は避ける
・風邪をひきやすい時期も避ける
・環境の変化などがある時も避ける

断乳・卒乳方法 桶谷式では・・・

桶谷式では、卒乳する日をおおかた決めて、事前に桶谷サロンでおっぱいの状態を見てもらい、食生活や気をつけることのアドバイスをもらいます。桶谷式では、赤ちゃんへの美味しい授乳を提供するため、授乳回数を減らしていっておっぱいの生産量を減らしていくのではなく、それまでは通常通り授乳し、それまでにおっぱいを止めることを話して聞かせ、ここまでと決めたら、そこでスパっと止めます。

卒乳後のおっぱいのケアについて

桶谷式の場合、おっぱいを止めた後は、もちろんエライことになります!乳腺炎や白斑などにならないよう、少しずつ出すということが大事です。
そんな事態になってしまうと、今までのように赤ちゃんに飲んで詰まりをとってもらうことももうできないので、母乳外来など何かしらのお世話にならなければならなくなります。そこで、辛くならない程度に少しずつ絞ります。多少絞ったところで、赤ちゃんが飲むほど生産されることはないので、辛くない程度に絞ることが大事です。


私は卒乳翌日にサロンを予約しておいて、状態をみて適切にケアしてもらったので安心でした。1人だとこれでいいのかどうか迷うところですし、やはり乳管にミルクが残ったままだと、後々それがおもわぬ病気につながったりすることもあると聞くので、最後はきちんと絞ってすべて出しておくというのが大事なようです。

誰かの参考になれば幸いです♪→私の卒乳カテゴリー

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。