コーヒーエネマの話 vol.2〜コーヒーエネマのやり方

最終更新日

コーヒーエネマの話の続きです。
※ コーヒーエネマの話 vol.1〜コーヒーエネマとは?効果と効能について ※

今日はエネマの手順、やり方を書きたいと思います。

以前、コーヒー溶液とキットを購入していたのはHOWという会社のセレブカフェというものでした。
今回はコーヒー溶液は自分でインスタントのオーガニックコーヒーを用意したのですが、エネマキットは新調しようとアマゾンなどでも色々見ましたが、やはり以前使い慣れていてデザインもシンプルなHOWのヒップウォッシュセットというのを購入しました。自宅でできる腸内洗浄器具です。

これにコーヒー1Lの溶液を入れます。(床が汚い・・お目汚し失礼します。。)

これをあとで接続します。(床が・・汗)

コーヒー溶液は先日アイハーブで買ったインスタントのオーガニックコーヒーを使ってみたのですが、ティースプーン1,2杯でティーカップ1杯分と表記されていたので、コーヒー3杯分くらいを1Lに溶かしました。(濃すぎると怖いので少し薄め。^^)

アメリカンって感じですね。これを鍋で少し温めて40度前後にします。(注:40度を超えちゃいけません!)でも温かいほうが腸内の汚れがとれやすいようです。

鍋であたためつつ指をちょっと入れてみて、お風呂ぐらいかなという温かさになったら火を止めます。鍋から移し替えたりしている間に冷めるので、いざ注入する時にはちょっと冷めてるかも。

これをさっきのビニールの中に入れるのですが、この容器、確か100均だったと思うけど、口が注ぎやすいので漏斗などを用意しなくてもこのまま流し込めて便利です。

その後、さっきの管をつないで、溶液の入っている本体にS字フックをかけて(キットについてます。)ドアノブの取っ手にさげます。この時あまり高い位置にセットすると、注入する時に一気に溶液が入ってきて腸内のガスが一気に出ようとしてしまうのでドアノブぐらいの高さがオススメ。

我が家は玄関の横にトイレがあるのですが、玄関スペースが無駄ってぐらい広いので、そこに横たわってやります。(急に夫が帰ってきたら地獄ですので注意が必要)

この時にヨガマットがあると便利です。私は先日、久々にやるというのにフローリングにそのまま横たわってやりましたが凍えました。汗
2回めからは大判のブランケットをしいています。

挿入前に肛門を傷つけないよう、潤滑油的なものを塗ります。オリーブオイルやホホバオイルなど。私はオーガニックのシアバターを使っています。体内に入っても問題ないクオリティのものが良いと思います。

いざ、手を洗ってから横になり、管を挿入します。
この時、差し込みが浅いとコーヒーが外に漏れてきてしまうのでしっかり挿入、20cmが目安です。力を抜いてスッスッスッ。意外とね、入れてみるとどこまでも入っちゃいそうって感じですが、私は15cmぐらいにしてます。なんか20cmは抵抗あるので。^^;

そして右腹を下にして横になります。
管にストッパーがついているので、自分がスタンバイしたらストッパーを外すとターッとコーヒー溶液がお尻から入ってきます。全部コーヒーが入ったら再度ストッパーを止めてから、管をお尻から抜きます。

そこから12分タイマーをかけて待ちます。
12分の理由は、3分で増量した胆汁が全身を1周し、4周するとほぼ血液中の汚れが回収されて尿や便で排出されるよう掃除されるからです。

その間、お腹を時計回りにマッサージしたりするのですが、時にお腹をくだしてしまった時のような感じがしたり、漏れそう〜と我慢できなくなったらすぐにトイレに行っても良し、12分たつまで我慢するもよしです。

無事12分たってタイマーが鳴ったら、トイレに行って座るだけ、あとは野となれ山となれ。。
力まずに身を任せます。。

以前やった時、HOWのセレブカフェはセットが30本ぐらい入っていたので全部やりましたが、初回から脂汗をかくような痛みは全くなかったと記憶しているのだけど、今回は体調があまりよくない日に久々にやってしまったせいか、便秘をしていたからなのか、お腹をくだしちゃった級の痛みが何度も訪れて、ちょっと冷や汗をかきました。
一度めはそんな感じで3回ぐらいトイレに行き、エネマ注入から合計1時間ぐらいですっきりしました。

その後、お風呂に入ろうと思っていたのだけど、初回はあまりに疲れてしまい、とにかく水をたくさん飲んですぐ寝ました。(エネマ後の水分補給はたっぷり必要です。)
やり方と詳細を書いたら長くなってしまったので補足はまた次回!
次回が最後です〜♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。