山王病院出産レポート⑧ 入院8日め 初めての沐浴と母子同室の夜

最終更新日

入院最期の日。前日までは毎日のように夫や友達が訪れて、にぎやかにしていましたが、この日は静かにのんびり過ごしました。

朝ごはんはパンケーキ、ミニサラダ、レモンティー、フルーツヨーグルト、ヤクルト。

初めての沐浴

午前中は沐浴指導がありました。現在は分娩後、ドライテクニックといって、血液や粘膜のみを拭き取り、脱脂(胎児の時に皮膚を守っていた脂分)を残しておくので、これが初の沐浴です。

夫はどうしても参加できず、私一人で挑戦しましたが、首やお腹の痛みもあいまって、沐浴の大変さに驚きました。娘は3,500gだったので、大きなほうだと思いますが、首を支えるのが本当に大変でした。この作業、うまくやらないと腱鞘炎になる自信ある、と思いました。
そして私の手際の悪さに、案の定ベビコ大泣き。ごめん! あまりの大きな声に「すごく元気な赤ちゃんですね〜!」と助産師さんにも元気印の太鼓判を押されました。

昼ごはんはポークピカタ、カレーコロッケ、きのこと野菜のサラダ、コンソメスープ。美味しいごはんとももうお別れかと思うと淋しい!!

初めての母子同室での一夜

退院前日にして、初めて母子同室の夜を過ごしました。
入院中、1日は母子同室で一晩過ごすように言われていたのですが、朝まで2人きりで、オムツ、授乳、ミルク、泣いたら対応するなどのお世話がこの体で出来る気がしないし、退院後は眠れない日々がやってくるのだろうし、、と思うと、今のうちに出来るだけ体を休めたかったので、それまでは、夜中に最後の授乳を済ませたら、迷わず新生児室に預けていました。

2人だけの夜、どうなることかとドキドキでしたが、なんとか対応できました。4時頃、オムツを替えてミルクをあげたあとはぐっすり眠ってくれて、私もうつらうつらと眠ることができました。

お腹の傷、その後。。

毎日消毒してもらっていましたが、綺麗にくっついているところと赤くミミズ腫れのように腫れているところの差が大きくなってきました。。涙
O先生が診てくださって、軟膏を塗ってもらい、退院後のためにもその軟膏を購入させてもらいました。
今まで火傷や縫うような傷を負ったことがないので、こういう傷が跡になるか分かりません。母が、私はケロイド体質だから、あなたも気をつけてね!などと昔から言っていたので心配していましたが、早くも不穏な兆しです。。汗

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。