子供が玄関のドアに指を挟んだ!内出血で済んで幸い。涙

最終更新日

タイトル通り、先日、といってももうかなり日がたったのですが、娘が玄関に左手親指をはさむという事件がありました。幸い、爪の内出血という軽傷で済んだものの、もう身が凍る、胃が気持ち悪い思いでした。
あんな可愛い小さな指を挟むって、、痛すぎる、可哀想すぎた。。。滝涙

スポンサードリンク

事の発端。
朝、幼稚園に行く時、家にまだいるパパに玄関から「いってきます」と大声で叫んでみたけど、返事がなく、私のほうにテクテク来て、返事がなかった〜〜と言うので、もう一度声かけてみたら?と私が言い、またドアを開けに行った。
で、右手でドアノブ、左手の親指はドアの隙間をつかむ形で、顔だけ中に入れてもう一回パパに挨拶して、左手をそのままにして閉めてしまったようです。

というわけで、いつもと違う行動というか体制?により、事件が起きてしまったのでした。
今までも自分で普通に玄関を出入りしていたので、こんな時にそんなことが起きるなんて思いもよらず。余計なことさせなきゃよかったと大後悔。

不幸中の幸いは、ドアを閉めたのが思いきりの勢いじゃなかったことでした。

私はすぐ近くに立っていたんだけど、挟まったのは見えていなくて、すぐに大号泣したので、あっ!!挟んだ!と思ってすぐ開けた(のかな。動揺しまくったので忘れました。)
その後は指を押さえて激しく泣き始め、あまりにひどく泣くので指が折れたかと思いました。
でも夫が、折れてたらすぐにパンパンに腫れると思うけど、指も動いてるし骨は大丈夫と思う。と言うので、ちょっと安心。その後、どんどん爪が青黒くなっていき、内出血状態になりました。

私がたまたまその日、整形外科に行く予定だったので(膝が痛くて)そのまま幼稚園はお休みしてすぐに病院へ行くことに。

娘は
「イタイ、イタイ〜〜〜!」
としばらく泣き叫んでいたけど、しばらくしたら、気持ちが落ち着いてきたようだったので、
「ママの病院に一緒に行って2人で診てもらおう!」
と言うと
「いやだ!痛くて触られたくない!」
とまた大号泣。私の診察に付き合うだけということで、なんとか説得して連れて行きました。(説得できてないけど。汗)

病院に着いてから、
「痛いことはしないから絶対大丈夫だから、ママのついでにちょっとだけ診てもらおう」
となんとか諌めて診察室へ。

エコーで指の骨に異常がないかみてもらい、全然問題ないよ〜とバンドエイドを貼ってもらって終わりでした。良かった。。涙
そのあとはこまめにバンドエイドを自分で貼り直しては、まだ触ると痛い〜と言っていたけど、3,4日ほどで痛みもとれ、バンドエイドを貼ることも忘れ、もう大丈夫!と言ってます。ホッ。。


現在こんな感じです。。

それにしても、4歳で今更こんな事件が起きるとは考えてもなかったです。ドアの逆の部分などに手を入れたら怪我するからねって説明はしまくっていたので、そういうところに手を入れたりは普段も絶対しないのだけど、ドアの開閉部分にはさむとは。。小さな頃は気をつけていたけどさすがにもう大丈夫だろうと思っていました。

それからはしばらく、ドアの開閉部分には絶対触らないようにねと毎回出入りの度に話しました。出入りする時は基本一緒なので、私もしばらくは毎回気をつけるようにして。

というわけで痛い話を長く書くと気持ち悪くなってくるのでこのへんで。。十分長いが。。

こういうとこ、細かくケア出来るママならこんなことにならなかったのかな、ごめんなさい、慎重じゃない親で、、私も出来る限り気をつけるので自衛もよろしくね、、と思う母なのでした。。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。