年中さんに進級してからの娘の様子

晴れて年中さんに進級しました。早いもので驚きます。この調子だともう気付いたら卒園ですね。。

もはや友人の妹弟ちゃんなど1,2歳の子を見ると、娘がかなり大きな子!というイメージで、すっかりお姉さんだなぁと思います。
嬉しいけどあっという間に大きくなってしまいそうでさみしい気もします。><

そんな年中さんですが、クラス替え、ありました!
発表は当日。私のほうがそれまでドキドキしていたけれど、娘は結構アッサリで。
前日、どの組になるかなぁという話も家で少しは出たけど、クラスで色分けされている色に好みがあったようで、こっちのクラスの色がいい!というのは主張していて。そうなるといいねぇ〜♪なんて言っていて、いざ当日!

朝行ったら玄関でクラス発表の紙を配られて、新しいクラスへ行く、という感じでした。

その場でザッと名前を探すと娘が希望していた色のクラスではなく、
「あ、♦組だよ〜。でも★ちゃんも★ちゃんも一緒のクラスだよ!」
と言うと、娘は

「あ〜〜〜Mの好きな色のクラスじゃなかった〜〜><」

とふてくされ顔。いやいや友達構成より色が気になるんかい。。と思ったけど、それぐらいのほうがこちらも気楽というものです。^^
こっちの色も可愛いよ〜〜♪とフォローしつつ一緒に新しいクラスへ連れていきました。

私の仕事のある日は大抵ワサワサしてる私たち親子なので、バタバタと部屋に送り届けて、よろしくお願いしまーす♪と去ろうとしましたが、娘は年少時と同じテンションで
「ママ行かないでよ〜さみし〜」
と私との別れを惜しんでいるだけで、新しいクラスに抵抗がある感じでもなく。
ちょっと新鮮な様子であたりをニコニコキョロキョロしていたので、こんな感じなら安心だな♪と仕事に向かいました。

ただ私用も重なり、進級から連日預けてしまったので、ちょっとメンタル大丈夫かしら・・と何度か様子を聞いてみましたが、
「大丈夫だよ、新しいクラス、楽しいよ!先生も優しいよ〜!可愛いし♪」
とのことで安心しました。(先生、若くて可愛い^^)

別のクラスになってしまった仲良しさんとも預かりの時は合同で遊べるので、迎えに行くといつも一緒に遊んでおり、まぁ娘にとっていい感じのクラス構成になったなぁというイメージです。

1日だけ、年少さんクラスじゃなくなってさみしい・・と夜に泣いた日があったけれど、その後は気持ちを切り替えて楽しく過ごしているようです。ホッ♪

なんだか年中になったことでこっちの気持ちが引き締まりました。
何かをちゃんとする!という類のことではなくて、あっという間に子供は成長しちゃうんだ、もっともっと一緒の「今」を味わおうみたいな気持ちです。同じような毎日なんだけど、少しでも一瞬一瞬を大事にしたいと思う今日この頃です。。


花粉症の終焉は近いのでしょうか。
すごく楽でなんともない日と、目が真っ赤になってくしゃみばかりしている日もありますが、少しずつ楽な日が多くなってきた気がします。^^
(あ、次こそエネマの話を!)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。