本当に大事な歯医者選びのポイントとは?

最終更新日

先日書いた、新しい歯医者に通い始めたという話ついでに、歯医者の選び方でどういうことが大事なポイントになるか、こだわりぬいた歯医者選びをされた方から今回学んだことを書いてみたいと思います。

世の皆さんはどんなふうに選んでいるんだろうと検索してみたら、
本当に「いい歯医者」を見分ける5つの条件
という記事があったので読んでみたけど、

【第5位】すぐに虫歯を削ろうとしない (38人/174人が回答)
【第4位】治療前に歯科衛生士が口の中を掃除する (52人/174人が回答)
【第3位】治療のたびに歯の写真を撮影する (66人/174人が回答)
【第2位】自分が不得意な治療は断る (81人/174人が回答)
【第1位】初回の診療時間が長い (96人/174人が回答)

とのこと。

ふむふむ。今回通うことにした歯科では、1位、3位、4位は入っているかな。5位はそれ以前に治療にまだ入れていません。汗
2位の不得意な治療は断るってすごいな。もちろん出来ないのにとりかかるより、きちんと話して他を紹介してくれたらいいけど。それって大学病院に行ってくださいレベルの症状だったりするのか。。

ていうか、そもそも1位の理由!!www

初回の診療時間が長い

って・・・・
そんなことでいい歯医者か見分けられなくないか?それっていい歯医者っていうか、人柄の良い歯医者じゃないのか??

最も大事なことは最新の技術を持っているか、またその腕は確かなのか

やはりどう考えてもこれが重要なポイントじゃないですか。技術力、確かな腕!
優しいとか話しやすいとか受付女子が可愛いとかは関係ない。
はっ、でもつっけんどんだったり怖かったりする医師は嫌だし、可愛くて優しい受付女子は鉄板か。。

ま、それはおいといて、その技術と腕を確かめる歯医者選びのポイントとは。

★歯の根幹治療ができるかどうか

歯の根はそうとう深く細いもので、肉眼で治療できないため、マイクロスコープという顕微鏡を使った精密な治療が必要。そしてマイクロスコープで治療をする際、歯の根に唾液や歯垢が混入したりすると虫歯の再感染率があがってしまうので、ラバーダムというゴムをかぶせて治療するそうです。なので大事なのは
熟練したマイクロスコープを使える腕があること、精度をあげるためにラバーダム治療も取り入れているかどうか。

いきなり虫歯をやみくもにガリガリ削るとか、もうナンセンスなお話だそうですよ。汗

その歯科のサイトや電話で問い合わせてもマイクロスコープを使った顕微鏡治療をしているかは確認できると思うので、まずそこをチェックすることが大事だそうです。
このご時世、整ったサイトを持っている医院が多いので、どういった治療をしているかわかるのは便利ですよね。

★医師の治療の動画、治療後の写真を見られるかどうか

あと上記の3位にもあった歯の写真をとるという点。レベルの高い歯医者さんは、治療した写真を作品として撮っているようです。
実力の証拠でもあり、学会で発表したり、勉強会などで使用するためにも記録している
というわけです。
なのでその歯科サイトなどで医師の治療動画や画像がアップされていればベター、なくても医院で実際に見せてもらったりすると良いようです。
そのようにおすすめされましたが私にはハードル高・・汗

「過去に治療された歯の写真を拝見しても良いですか?」

・・・よう言わんわって感じです。w

見せて何がわかるんだ?と思われたら、、どドキドキしちゃって。また、見せてもらってもよくわからないんじゃないかなと思ったりして。
「写真を見せてもらって、治療過程を見せてもらいながらお話を聞くのが良いと聞いたんで。。」
みたいな言葉を添えるといいかな。。^^;

でもそういった医師はどこがどう素晴らしいか説明してくださると思います。
しかしこのような「おぬし、何奴。。」と思われそうな発言をしなくとも、詳細な動画や画像がサイトにあがっている場合もありますのでまずはググりましょう。^^
(私の場合は通い始めた医院のサイトで治療動画などを公開していたのでその説明、画像などを事前に見ました。)

★CTスキャンもできる設備

レントゲンは平面的な写り方で、歯の断面は見られません。いわゆるペライチ状態です。
CTスキャンは立体的に撮影するので、病巣の位置や骨の内部、歯と顎の関係などが全てわかるため、かなり正確に歯の状態を知ることができます。

若干の被曝があるので、妊婦さんは不可であるし、必要性があればということだと思いますが、その設備があるというだけでも複雑な治療に対応可能なのだろうということがわかります。

以上、3つの項目(最初の2つが肝心だと思います。)をあげてみましたが、行き始めた歯医者は全てクリアしているところです。

余談ですが、その医院の受付の方は院長の奥様だと思うのですが、これまたとても丁寧、親切、親身でして、最初の電話応対から素晴らしかったです。院長の方針や信念のようなものが共有されている感じ。やはり良い歯医者は医師とスタッフに一体感がある気がします。^^

というわけで、今度はいい歯医者にかかりたいな〜とか、今の歯医者を変えたい、本当に今の治療でいいのか不信感がある、などと思った時、良い歯科医を探す際の参考になれば嬉しいです。
歯は一生ものですものね。^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。