みそ汁はおかずです★作ってみたい味噌汁が目白押し。

最終更新日

今日は「みそ汁はおかずです」という本を読みました。
作ってみたい具の組み合わせがわんさかあって、食べたくなりました。表紙のデザインがレトロでかわいい。中を開いたら説明も簡素でわかりやすく、レシピのレイアウトがシンプルで読者に簡単そう!作りたい!と思わせる構成も素晴らしい。(写真だけ大きくて、レシピがごちゃごちゃ小さい字で書いてあると作ろうという意欲がなくなるタイプなので。。^^;)

お味噌汁って本当に最高。具沢山にすれば、今日はこれがメインだ!みたいな感じになるし、一汁というより一品扱い。
体がポカポカ温まるし、ねこまんまにしても美味しいし、二日酔いの時は何をおいても味噌汁が飲みたくなるし、原爆で被曝した人々も、とにかくわかめの味噌汁と玄米をひたすら食べて生還した方も多いと言われています。
どんだけ素晴らしい飲み物なんだって感じです。

娘も味噌汁は好きで、味が決まっていればどんどん飲んでくれます。しかし味が薄かったり、出しが効いてない、要は美味しくない時はあまり飲んでくれません。w

そんな味噌汁、産後は出しは絶対とりたい派になった為、今日は昆布がない、かつおぶしがない、、とかで作らなかったり、あっても出しをとる作業が面倒で今日はいいか。。ってなったり、毎日は全然作れていませんでした。
本当は毎日飲みたいぐらい好きなんだけどこの出しが面倒で。。
でも本に「気楽な気持ちで作るために即席だしとか使ったっていいじゃない」と書いてあり、もはや出しをとるのが面倒で味噌汁を作らないほうが残念な感じがしてきました。
即成だし、買っとこう!笑

で、こちらでご紹介の手順のほとんどが

①材料を準備する
②切る
③煮る
④みそを溶く

以上!みたいな。笑

この「煮る」の時にもうだし汁の中に全部の具を鍋に入れちゃうわけです。難しいことが一つもない。イレギュラーは香りを残したい薬味や溶き卵だけはみそをといた後に入れるぐらい。

この本ではいさぎよく一気に煮る。最初から肉も同じタイミングでドカンと入れちゃう。ダイナミック。w
けんちん汁は炒める工程とかあったけど、ほぼこの上記の流れ。全部一気に入れていいと思ったら気楽です。

それにしても具のバリエーションがすごいので、こんな組み合わせもあるか〜〜と見るのも楽しかった。今日は残り物のカレーだったので、早速明日から味噌汁作ろうと思います。^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。