第二回 幼稚園の保育参観へ行ってきました。

昨日は保育参観でした。約1時間半の参観だったけど、あっという間。最後ちょっと腰が痛くなってきた〜と思ったらちょうど終わりでほど良い長さでした。^^

内容は七五三の制作物を作る様子と、お昼ご飯の様子を見せてもらいました。前回もそうだったけど、父親と両親で参加してる人も多数。でも教室には一人しか入れないので、パパとママは交代で入ったり、どちらかは廊下から眺めてたり、な感じでした。我が家はパパは外せない仕事のため不参加でした。

服装は私はいつものカジュアルで行ってしまったけど、まわりはパパはスーツの人が多かったかな。(参観後に仕事だからと思われる。)ママは綺麗めな格好の人と普通のカジュアルな感じと半々のイメージ。

到着してクラスに入った頃には制作タイムが始まってたんだけど、子供達がみんな本当によく先生の話を聞いてるな〜〜と感心。娘も私が入ってきたのに気付きもしないし、他の子達もいろんなママが教室に入ってきても気を散らさず、集中して先生の話を聞いてる。キョロキョロしてる子がいないってすごい。。私が子供の頃はキョロキョロしかしてなかったけどな。汗

その後、一生懸命折り紙をオリオリし始め、娘もやっと私に気付いてニコニコ〜♪
最近アトピーのかゆみがあるので、自分の足を指差して(カユイ。。)と私に困り顔をしてみたり、途中まで作ったものをこちらに見せてドヤ顔したり、隣の男の子となにやら話して爆笑したり、時にはその子に何か言われてムッとしてプリプリ顔で怒ったりとまぁ〜忙しそう。^^

その後、ご飯の時間も同じテーブルのみんなとおしゃべりしながら笑いあいながら楽しそう〜にご飯食べてた。家でたまに
「幼稚園もう行かなくてもいいや〜。学校(インター)のほうがいいな〜やっぱり。」
とか言ってるけど

すごい楽しんでるじゃん!笑

まぁみんな両親が見にきていることでテンションあがってるというのもあったのかもしれないけど。^^

それにしても一回目の保育参観はまだ6月だったから、落ち着かない様子の子や、環境に慣れてないというか硬い雰囲気がうっすら漂ってたけど、今回はみんなリラックスしていていい表情してました。^^

娘は幼稚園の先生方も大好きだし、仲のよい友達もいて楽しんでるように見えるけど、幼稚園に対しては「人」に魅力を感じてるところが大きい気がする。でも人間関係はやはり大事な部分なので、そんな娘を見るとよかったなと単純に思います。
インターは仲の良かった友達も別の幼稚園に進学したり、海外に戻ってしまったり、もともと少人数制なので、そのまま進んでも学校以外で遊ぶということがなかなか難しそうな状況で。日本の幼稚園で多くの友達と交流する楽しさを感じてほしいというのも幼稚園を選んだ一つの理由だったので、その点良かったなと改めて思いました。

ただ、娘がインターを恋しがる理由は幼稚園より自由度が高いところかな〜というのはちょっと感じたかな。勉強色が濃いところは幼稚園以上なんだけど、その他がいい意味でおおらかな印象というか。もうこれは日本(きっちり)とアメリカ(アバウト)の差のようにも思います。

その後は一度帰宅してから園の友達たちと公園へ。昨日は私も元気だったので、久々に公園遊びに参加できました。娘は男女関係なく結構楽しむタイプで、その時一緒になった同じクラスの男の子と走り回ってました。

そんなこんなで保育参観、有意義でした。^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。