娘の怪我。。ベッドから転落し頭を切って2針縫いました。

週末、娘がベッドから落下して頭をバックリ切り、 かなり流血したため救急に連れていき、2針縫うという事件がありました。。
1週間後に抜糸に行き、それまでに膿まなければ問題ないとのこと。大事に至らなくて本当によかったです。><

スポンサードリンク

ベッドの足元より頭から転落

我が家のベッドは娘が落ちないように壁際に片方をくっつけてあり、もう片方に柵をしています。
足元には羽毛布団を置いていて、モコモコして高さがあるのでストッパーになっており、最悪寝相が悪くて落ちる時は、布団も一緒に落ちてクッションになるかなと思っていました。

でも夜中寒い日も少なくなり、羽毛布団をクリーニングに出したら足元がスカスカ。。
転がっていったら落ちてしまうかも。。と心配し、下にクッションをちりばめておくことにしたのですが、その日はクッションをセッティングする前、寝る前にベッドで遊んでいた時に落っこちてしまいました。

おてんば娘は寝る前にベッドでドッスンバッタンと大騒ぎ。
わざと自分から後ろにドーンと倒れて遊んでいましたが、後ろに行きすぎて落下。私はすぐ横で絵本を読んだりお喋りしながらゴロゴロしていたのですが、すぐ横でドッスンバッタンやっていたのに急に足元のほうに行ってしまったことに気付きませんでした。

すごい流血に親子で動揺

ゴツッ!と大きな音がして娘が転落して頭を床に強打。ギャーと泣き叫ぶ娘。慌てて抱き起こすと、すぐにあたりが血だらけになりました。
すごい流血にびっくりして、どこから血が出ているのか確認しようにも顔も血だらけで娘も動揺して動き回ろうとするのでよくわからず、アワアワ。。
娘も
「怖い〜〜〜、痛い〜〜〜〜」を連呼。

夫が見てくれて、やっと頭に傷を発見し、タオルで傷口をおさえました。私は自分の出血も苦手ですが、この時も血の匂いがすごくてだんだんムカムカしてきて、使えない母親になっていました。夫がいる時で本当によかった。。

小児救急電話相談

すぐに夫に小児救急電話相談に電話してもらいました。

小児救急電話相談は、全国同一の短縮電話番号 #8000。
住まいの都道府県の窓口に自動転送され、子供の怪我や病状に応じた適切な対処の仕方や、受診する病院などのアドバイスをうけらます。

以前1歳になったばかりの頃、頭を打った時も心配でたまらず、こちらに電話しましたが、一旦相談することで自分も落ち着くこともできます。

ちなみに大人の救急相談センターは#7119。
妊娠中にインフルエンザにかかり、どうにも辛かった時にこちらもかけて相談したことがあります。

電話で状況、症状の説明をすると、やはり縫ったほうがよいということですぐにタクシーで病院へ。
こういう時のためにタクシー会社は幾つか番号を登録しておいたほうがいいですね。緊急時って検索ももどかしくて、やっとかけた電話はつながりにくかったり、タクシーが混んでいて行けないと言われてまた調べ直したり、、、。
いつもだったらサクッとできる行為も焦って妙〜にモタモタしてしまうので。

近所の救急病院へ

たまに「イタイ。。」と静かに泣いて訴えるものの、気分は落ち着いたようでおとなしくパパに抱っこされて、病院へ。
5分ほどで呼ばれ、すぐに診てもらえてラッキーでした。

部屋に入り、娘の傷をみて、「縫ったほうがいいですねぇ。。」と言葉少なな若い青年医師。
(やっぱりホチキスで止めるのかな。大丈夫かなぁ)とパパに抱っこされている娘の手を握りながら心配する私。

そのまま妙〜〜な間が流れる。

えーっと、、会話と行動がすすまないけど、、どうした?これからどうするのだ、青年?と様子をうかがうと、胸には「研修医」のバッジ。。おお、研修医。慣れてないのか?大丈夫か?と不安に思っていると、ほどなくしてベテラン登場。ああ、進藤先生、待っていました!(救命病棟24時)

「じゃあまず頭が血でぐちゃぐちゃだから洗いましょう〜」
と指示がはいり、シャワー室へ移動。患部を洗われ、娘は「イタイィ〜〜」とはいうものの、泣かずに耐えていました。

その後、治療室に戻り、パパに抱っこされ、進藤先生の指示を受けつつ研修医くんにより、ホチキスをバチンバチンと頭に打ち込みました。
な、なんと痛そうな。。こっちがクラクラする。。娘はこの時も
「イタイィ〜〜」
とちょっと涙声になりましたが、絶叫することもなく静かにすみました。

注意点は2点
・傷が膿んでいないか気にかけておくこと。
・翌日夜には頭を洗ってok。むしろ不潔になってバイキンが入らないように綺麗にすること。

でした。

そしてガーゼをあててネットを被せられて終了しました。
お会計(乳児医療証で0円。感謝。。)を済ませ、帰宅の徒についたのは23時すぎ。

帰宅し、部屋に入って血だらけのシーツなどを見ると、
「洗濯して、これ片付けて、これも。」
となぜか急にテキパキ娘に指示されました。はい?笑

落ち着いてからベッドに入り、
「またベッドから落ちたら大変だから、ベッドで飛び跳ねるのはやめようね。」
と言うと、
「うん、もう飛び跳ねない。落っこちゃうもんね。。わかった。。。」
とつぶやいて、うつぶせのまま、すぐにぐっすりと眠りに入りました。

いつもは寝相が悪い娘ですが、この日はうつぶせのまま、ほとんど動かずでした。娘が寝てからベッドの足元側には柔らかいものをいれた段ボールを2つ置き、そこにブランケットをかけてさらにクッションを置いてみました。これで大丈夫かな。。

普段、確認、準備しておきたいこと

子供の怪我、特に頭は本当に焦ります。血がたくさん出るのはもちろん、脳に損傷はないか、など心配がつきません。怪我にそなえて、なんでもない時にそういう時はどうするか、シュミレーションして下調べしておくと助かりそうです。

こども医療ガイド
http://www.guide.metro.tokyo.jp/index.html

事故やケガの対処法
http://www.guide.metro.tokyo.jp/injury/index.html

・タクシーで病院に連れていく時のため、いくつかタクシー会社を登録しておく。
・近所で救急でみてくれる病院をあらかじめチェック。

翌日から娘は元気な様子で一安心。
子供に怪我はつきものですが、もう少し私が気をくばっていたら防げたかも。。と思うような事故にはあわせないように気をつけたいです。
早くよくなるよう願うばかりです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。