ココナッツオイルの効果と使い方★塗って良し食べて良しの最強オイル

最終更新日

ココナッツオイル、日本で流行りだしたのは数年前でしょうか。
私も日常に取り入れていますが、調べれば調べるほど、ココナッツオイルの優秀さは他のオイルやスーパーフードより抜きん出ていると思います。

スポンサードリンク

ココナッツオイルとは

ココナッツはココヤシと呼ばれるヤシ科の植物の1種です。ココナッツは無駄な部分がないといわれるほど有用性が高く、木も葉も実も全てが活用されます。
ヤシの実の部分から作られる油脂がココナッツオイル、栄養価が高く、スーパーフードとして知られています。ココナッツオイルにはさまざまな栄養素が豊富に含まれています。

ココナッツオイルの効能

★ 脳の健康に良い!アルツハイマーのリスクを減らす、または現在のアルツハイマーにも症状を抑える効果を発揮する。
★ ストレスホルモンをさげ、成長ホルモンをアップさせる働きがある。
★ コレステロールのHDL(いわゆる善玉)をあげ、LDL(いわゆる悪玉)をさげ、双方のバランスを整えてくれて、心臓の健康にもよい。
★ 傷を早く治す効果あり。皮膚上でコラーゲン生産を増やしてくれる。
★ 骨を健康にする。骨においてもコラーゲン生産を促してくれる。
などなど。

ココナッツオイルの使い方

★ アトピーやガサガサ肌にも効果あり。入浴前に肌に塗る→入浴。お風呂に油は浮きますが、乾燥肌の人は必要以上に潤いをとられずもっちりします。(パッチテストはしましょう)
★ スキンケア、ヘアケアにも。化粧水やクリームに少し混ぜて使うだけで保湿効果がグーンとアップ。ヘアケアは毛先に使うとしっとりまとまります。
★ 食用として料理に使う。ココナッツオイルは熱に強く、酸化しにくいので調味油としてもオススメです。卵焼き関連はココナッツオイルで作っていますが、卵料理に甘いココナッツの風味が良くあいます。その他、煮物や和食のおかずにも結構あいます。^^
★オイルプリング。ココナツオイルでうがいをすることです。歯や歯茎の健康、虫歯予防、口臭予防、高い解毒効果により、体の不調も緩和する効果があります。

私のお気に入りはオイルプリング

上記に書いたオイルプリング。朝起きたら水で軽くうがいをしてから、スプーン一杯ほどのココナツオイルを直接口に入れて15分ほどクチュクチュします。長い!と思われますよね。はい、長い。笑
15分の効果は最大限だと思いますが、私は5分から長くても10分ぐらいです。家事をしながら、朝のゴミ出しをしながらクチュクチュ。寝起きの口の中の不快感が消えて、ほんのりココナッツ風味が残ります。^^

購入時の気をつけるポイント

ココナッツオイルは、20℃~25℃ぐらいで固まりますので、寒い時期は基本固まっている状態だと思います。その時期に固まらずにサラサラしていたり、分離しているものは怪しいです。

そのほか、オーガニックであること、コールドプレス製法であること。(オイルの抽出方法ですが、オイルの栄養を保てるよう、熱を加えず抽出する方法です。 )が大事です。

私はアイハーブで購入していますが、何度もリピートしているお気に入りです。

Jarrow Formulas, オーガニック、エキストラバージンココナッツオイル、16 oz (473 g)

口に直接含んだり、肌に塗ったり食べたりするものなのだし、良質なものでないと本来の効果が期待できないので、品質の良いものをチョイスしたいです。日常にたくさん活用させて、健康に美しくなりたいものです。^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。