年少さん、最後の保護者会で泣く。謝謝。。

最終更新日

ブログ、ちょっとお化粧直ししました。^^
ブログタイトルのLUMIERE(ルミエール)は、フランス語で光という意味ですが、私の人生に想像もしなかった「光」をあててくれた、人生が楽しくなった、豊かになったという意味で光をもらった、という娘の存在のイメージでブログタイトルにつけました。

ブログタイトルってつけるの難しくて、とりあえず「娘の育児&ママビューティーブログ」にしておいたんですが。。

そのまますぎだろっ!!笑

って感じで変えたかったのだけど、ちょっとタイトルロゴを作ってみたらなんかいい感じ♪と思い、差し替えてみました。^^


ところで先日、保護者会があったのですが、これが想像していなかったしんみりした気持ちになる保護者会となりました。><
連絡事項などを聞き、サクッと終わるのかと思いきや、

「これでこの組の保護者会は最後になりますね。。最後にお一人ずつ感想など、ご挨拶しましょうか」
と担任の先生から。

そういやこのクラスでの保護者会は最後なのか。。
もう年少さん終わりか〜というさみしい気持ちはあれど、保護者会が最後か、、と感傷的になる気持ちは全くなかったので、そう言われてみれば、、という感じ。

先生「今日何を話そうか昨日から考えていたんですが、何も浮かばなくて。。。

ううっ。。涙涙」

えっ?先生、、?嘘でしょ。。
そして保護者のみなさんからも

「ええっ・・・?」

という(意外だわ〜)みたいな?声があがりました。w
担任は元気なハキハキ系の女先生でこういうシーンで泣くイメージがなかったし、つかこの場で先生が泣くような展開を全く想像してなかったので、その堪えきれない感じに驚いて、もらい泣き大魔王の私は即目頭が熱くなってしまいました。

先生の涙声は続く・・

話を聞いてたら、こちらの想像以上に思い入れがあり、丁寧に気持ちを込めて毎日園児たちと向き合って一生懸命やってこられたんだろうな、、、と感じてジーンジーンジーン。。
もう話してる先生のほう全く見れません。やばい、顔見たら泣く、他のことを考えろ自分よ。。。こらえろ。。。

そんな感じでひととおり、担任の先生、副担任の先生がお話して、その後、保護者の方が順番に。。って私が座ってたところから遠いほうから始まっちゃった。

(オイオイ先に終わらせたいのにそっちからか〜〜また泣きそうなご挨拶出てきたらどうすんだよ〜完全に泣いちゃうよ〜〜)と思っていたのですが、和やかなご挨拶が続き、冷静な気持ちのまま自分の順番まであと2人・・・ってところで、

転園するママさんのご挨拶で涙腺崩壊 w

ちょっと前に公園で遊んだ時にそのママさんから話は聞いていてさみしいな〜って思ってたんだけど。。まさかの自分の隣の隣に座っていたとは。。(横並びで全然気付かなかった)

案の定、転園する話、娘が転園を嫌がって泣いている、私もこの園が大好きだ、的なお話におもわずもらい泣き。><
その後隣にワンクッション冷静なご挨拶があったので気持ちを立て直したものの、案の定、私はワナワナ声でみなさんにお礼を言うのが精一杯でした。ダサッ。w
全然伝えたいことを言葉に出来なかったので、最後に先生にお手紙を書こうかな。。と思います。。

つか、どんだけみなさん人前で喋り慣れてるの?ってぐらい、淀みなく話すあの感じは何?www
まぁそんな私の醜態も一興ですね。みんな覚えちゃいないです。^^;
そんなことよりクラスのお友達やママさんたち、先生に恵まれてハッピーな年少生活を送れたことに本当に感謝です。あと2週間少し、今の仲間と年少ライフを楽しんでほしいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。