王家の紋章 2017年ミュージカルの感想♪宮澤キャロル

ゴールデンウィークが終わりました!

我が家は4月末頃の娘の鼻風邪から始まり、私がバッチリうつって、熱は出ないもののかなりの喉痛と咳に苦しめられ、そのうち夫にも感染。。汗
娘が元気になってきた頃、夫婦でグッタリでした。。そんなわけで休息がメインのノンビリしたGWとなりました。

娘も1週間、プリスクールはおやすみ。通うことが日常になっているので、なんだかどこにも出かけないで1週間休みとなると長く感じました。笑

そんな中、私は珍しくミュージカルを見に行ってきました。
「王家の紋章」です❤️

若い人はあまり知らないかな。私が子供の頃から読んでいた漫画で、今もまだ続いている「ガラスの仮面」に並ぶいまだに終わりなき漫画です。40年ぐらい続いてるのかな?40年たった今も主人公は年とってないという。。時の流れがおかしい。漫画あるあるですね。笑

ミュージカルになったのは2016年だったのですが、当時、Facebookのフィードに王家の紋章を見に行きました。というのが流れてきて、「何〜〜〜〜!!」と驚きました。あんな題材、ミュージカルになるの?っていうかミュージカルだから出来る題材なのかなと興味津々でしたが、それを知ったのが千秋楽の日で、もうチャンスなし。。

わぁ見たかったな〜〜〜と思っていたら、2017年も再演との朗報!!!
絶対行く〜〜〜!と気合を入れていたものの、月日は流れ、またすっかり忘却の彼方へ。笑

先週、また突然思い出し、検索したところ、ちょうど帝国劇場で東京公演中。7日が東京の千秋楽とのこと!!
今回は絶対行くのだ〜〜!とチケット調べたら完売。💦

でもこんな時のヤフオクですね。チェックしたら、チケット売られてました。^^
めでたくS席を定価より若干安く購入。無事チケットをゲットし、3日に見に行ってきました。(パパと娘はばあばのところに遊びに行ってました。^^)

スポンサードリンク

王家の紋章のストーリーとは?


ざっくり言うと、バックトゥザフューチャーのように、主人公が昔と今を行ったり来たりします。
現代の若い考古学好きなアメリカ人女性キャロルは、古代の墓を荒らしたと古代人に呪われ、古代エジプトにタイムスリップ。はからずも王様と恋におちます。。

主人公のキャロルと恋におちる若きエジプトの王メンフィスは、強引、ワンマン、元祖The俺様系のメンズ。「この私に逆らいおって」「逆らうな」が口癖ですが、みんなその強引さにぐいぐい引き込まれました。私もなんですが。ww
その他ヒッタイトのイズミル王子などイケメン風な登場人物がおります。

金髪美少女キャロルは、未来を知る黄金の娘として、まわりから大人気。各国キャロル欲しさに戦が起こるわ、世界中から引っ張りだこです。ナイル川に落ちて、ぽっこり現代に帰ってきたり、また古代へ行っちゃったり。
と、まぁ壮大なストーリーなんです。

王家の紋章のキャストについて

もうあの漫画がミュージカル、どんななんだ!という興味が勝っているのと、チケットとれたらなんでもいい!とあまり選ぶ余地がなかったのですが、主人公の少女キャロルは新妻聖子さん、宮澤佐江さんという女性のWキャスト。
メンフィスは浦井健治さんなんですが。。。

誰一人知りません!笑

でもメンフィス、イズミルともに180cmを超える高身長、見栄えもよく歌も素晴らしく、ハマっていました♪
キャロルは、私が見たのは宮澤佐江さんという方でしたが、えっと、こちら荒削り!笑
声もボリュームあるのですが、若干喉を痛めそうな声の出し方というか、全体的に荒削りでした。でも強気なキャロルって感じで良かったと思います。のびのびと本人が役を楽しんでいる様子が伝わりました。もう一人の新妻さんキャストのバージョンも見たいな〜〜〜と思ってしまいます。大阪にまで遠征できないのであきらめますが。笑


キャロルとルカ♪

メンフィスの姉のアイシス役の方が素晴らしかった。濱田めぐみさんという方。2010年まで劇団四季に所属しており、劇団の代表的な女優の一人だったとのこと。納得の歌唱力でした。この方の歌をもっと聞きたいです❤︎
アイシスのキャラクターがよく表現されていて切なくなりました〜〜涙

最後にキャストから挨拶があったのですが、さすがは若い人たちという感じで、はっちゃけた挨拶でそれぞれ楽しかったのですが、ミュージカルの余韻は全くなくなりました。笑
それにしても、13時〜16時という長丁場でしたが、退屈することもなく、楽しくて一気に見終わりました♪

王家の紋章のグッズなど

ミュージカルのDVDやら、まぁいろんなものが売ってました。キャロルにライアンというお兄さんがいて、いつもストライプのスーツ着てるイメージなのですが、ライアン兄さんとおそろストライプのポーチとか売ってて!一人でかなり笑いがこみ上げました。www


これライアン兄さんね♪
何も買いませんでしたけど、会場にあったこの絵はメンフィスとキャロル2人の絵がA4とかで売ってたらちょっと欲しかったかなぁ。

それでね、途中25分の休憩があったのだけど、長くない?と思いますよね。だけど、トイレ行こうかと会場出てびっくり。軽く数100人以上のトイレの列。。
うわ!!こりゃ25分必要だわって思いました。別に行きたくないけど、行けないと思うと行きたくなるトイレ。笑
チケットがあれば外へ出られるので、お隣の新国際ビルのトイレに行きましたが、戻ってきた頃にはトイレの列ははけていて、みんな早っ!!と驚きました。笑

ミュージカル、今後は娘とも行けるものがあれば行きたいし、平日でもこういう機会をどんどん作りたいなと思いました。
非日常はとてもワクワクするし、いい刺激を得られます。
行ってよかった♪

スポンサードリンク

2 thoughts on “王家の紋章 2017年ミュージカルの感想♪宮澤キャロル

  1. 眉山

    はじめまして。私も同じように行きましたが、本当に同じような感想でした。大満足で、思わずDVDも揃えてしまいました。(笑)でもやっぱり生の臨場感良かったですよね。ルカもナフテラもウナスも良いもの見た☆って感じでした。

  2. mako 投稿作成者

    はじめまして。わ〜!コメント嬉しいです♪
    DVDも購入されたのですね〜〜!^^。私は漫画を購入してしまいましたが、なんだか久々の王家にハマってしまって楽しかったです。最初の1~6巻ぐらいが大好きです。
    またまた再演があったら見てみたいですよね〜♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。