大事な歯医者選びのポイント続き。一番大事なのは金銭面だった。。

最終更新日

先日ドヤ顔で歯医者選びのポイントは?なんて日記をツラツラ書いたのですが。→
すごい大事なポイントを忘れていました。

お金です。マネーマネー!保険効かない部分の治療のマネー!!

その後、行きはじめた歯医者での熱心な(しつこいほどの)歯磨き指導により、ものすっごい歯を綺麗に磨けるようになり、すごく感謝しているし、行って良かったと思っているのですが。。

自由診療部分のマネーがド派手に高かったんです!涙

歯のお掃除がやっと終了し、いざ詰め物がとれたあとの歯をどうしましょうって話になった時、コンポジットレジン(プラスチックの白い詰め物)の扱いがあると聞いていたので、それにしたかったのですが、とれた詰め物がかなり大きく、そこにレジンを入れるのは厳しいとのことで、少し削って保険適用の銀を入れるか、セラミックを被せる形の治療になると言われまして。

「セラミックは諸々込みで23万です」と。

23万yen/1本。。?

この顔でしばらくかたまったのち、
「すみません、それは出せないです。。」
と言い、この顔のまま帰ることになりました。

この時に突然その金額を言われたわけではなかったのですが、最初にコンポジットレジンでお願いしたいという話をしていて、
「レジンだったら虫歯に対する保険適用で5,000円ぐらいで出来ます、でもセラミックは他の歯科より高額です。この詰め物の大きさ+下が虫歯になっているのでレジンで出来るか微妙ですね〜〜。」
みたいには言われていて。金額の詳細を聞いていなかったのと、レジンでどうにかなると勝手に期待していたので、セラミック一択高額発言に打撃を受ける形となりました。。

せっかくステキ歯医者に巡り会えたと思ったのにマネー問題でサヨナラすることになるとは悲しいです。で、あとでググったらその歯医者名のサジェスト機能のキーワードに「高い」って出てきました。ww

「患者さまで、値段を聞いて転院する方もいらっしゃいます。。」
と受付の方も神妙な顔で言っていましたが、、だろうな。。涙

というわけで

レントゲンデータを無料でCDに焼いてくれるというのでもらうことにして、最初に通っていた歯医者に戻ることにしました。結局。笑
遠いけど顕微鏡治療もしてくれるし、長年お世話になってるので安心してお任せできるし。

いや〜セラミックって自由診療部分なので、金額は自由設定出来るというのは知ってたけど、ここまで高いとこもあるとは。。もっと高いところもあるそうです。
この自由診療部分の金額ってほとんどサイトに書いていないので、どのくらいの金額になるのか最初に聞くべきでした。最初に聞きましょう。ぜひ。笑

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。