歯医者選びに苦戦中。ハズレ歯科に行ってしまった。その2

最終更新日

歯医者選びに苦戦中。ハズレ歯科に行ってしまった。の続きです。

医師の手短な話の後、茶髪巻き髪歯科助手(全員同じ髪型で見分けがつかない)に歯周病のチェックもしてもらいました。
「歯周病の初期段階なので、歯石をとってクリーニング、その後ブラッシングでほぼ改善すると思います。うちは保険内でかなりしっかりやるので、他の歯医者より割安ですよ♪」
と茶巻助手に言われ、では是非!とお願いする。

「じゃあ次回、歯石とりをメインにやっていきましょう〜。表面もかなり着色してるので磨いて綺麗にしましょうね」
とのこと。

歯周病のチェックのあと、また医師が来て、さっきの歯、どうします?ってチャカついてる感じ。
なんだろ、まさか昼休憩前で急いでる?こちとらお迎えで急いどるんじゃ〜っ!とイラっとしたものの、とりあえずクリーニングして欲しさに次回分を予約。
歯の詰め物をするなら予約がずいぶん先になりますとも言われ、一応その予約も入れておきました。

スポンサードリンク

そして後日のクリーニング。
歯石とりの時、ずいぶん優しい手つきだけどそんなんじゃ〜とれないんじゃないかな?と思っていたんだけど、鏡を見せてもらったらすっごい綺麗!自分で気付かなかった下の前歯2本の内側の根元に、もう石だね、これってぐらいのがこびりついてたんだけど、全く痛くなく、跡形もなくとってもらえて大満足。歯石とりがとてもお上手な茶巻助手です。^^

しかし、素晴らしい腕前だな〜なんて満足してたら
「はい、終わりまーす。では次回は詰め物ですね〜」
ってオイオイ!表面磨きは?

「先日来た時に表面も磨きますって言ってましたけど?」
と言うと

「・・・。では倒しますね〜」

ええっ??なにこの変な間としょうがないからやるか的な空気と表面磨きはやらないつもりだった的な感じは。。(o_O)

まぁ終わってみたらね、ホワイトニングした?ってぐらい綺麗になってたし、金額が数百円だったのもおったまげだったんですが、この歯科にはなんだかなぁ感がぬぐえません。。
と思ってるところに医師登場。

今回も色々と説明が少ないし、なんか細かいところで色々と気持ち良くなくて、お世話になる気がしなくなり、結局治療をキャンセル、とれた詰め物は仮の蓋をされた状態で、レントゲン代はもったいないけど、通うのを中止しました。

医院のレビューは悪くなかったので、たまたま私と彼らがうまくかみあわなかっただけかもしれないけど、これも縁。なんか嫌だなの感覚は大事にしたいと思います。
特に歯は失敗したらやり直しがきかない大切なものだし。セラミックも高額だし、納得いく医師にお任せして気持ちよく支払いたい!

というわけでまた歯医者を探しなおしです。2回にわけて書くほどでもない話だったけど、笑
なんだかな〜って思ったので書いてしまいました。笑
素晴らしい歯医者に出会えますように。^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。