離婚しました:娘と父親の交流とメンタルケアについて

2月の最終週に離婚しました。
前回は離婚を決めた経緯を書いたのですが、→離婚しました:離婚を決意するまでのお話
今回は娘のケアやパパとの交流について書きたいと思います。

子供への別居の伝え方と住まいについて

別居する際、少しでも娘の精神的ショックを和らげたかったので、環境の変化を少なくするため、私たちが引っ越したり、幼稚園が変わらずに済むよう、相手に家を出てもらうことにしました。彼も了承してくれて、我が家から自転車で20分くらいのところに彼は引っ越しました。

娘には
「パパは仕事が忙しいから、仕事部屋と住まいを一緒にできるお部屋に住むことにしたよ。でも週末はいつもみたいに会えるからね。パパは毎日帰りが遅いし、Mたんも日中は幼稚園やらでいないし、一緒に過ごせる時間は今までとそんなに変わらないと思うよ」
と伝えました。(娘は4歳3ヶ月でした。)

えーー!?嫌だよーー!!と最初は驚いて泣いていましたが、私たち2人は大したことじゃないかのように明るく振舞って、私と娘が2人で出かけている間に車で何往復かして引っ越してもらいました。そんなに荷物も多くなかったので、部屋も娘の遊びやすいように配置換えをしてみたりと家でのパパの喪失感が出ないようにしました。

別居による娘の心境の変化とストレス

最初はさみしい、、と言いつつも、別居後も毎週末会っていたせいか(週末どちらかはパパと娘2人で会っていました。)意外と大丈夫な様子だったのですが、3ヶ月ほど経った頃、だんだんと彼女なりにさみしさを我慢していたストレス?が爆発したのか、家にいる時だけ、大声で叫んで私を叩いたり、些細なことで癇癪をおこしたりするようになり、それが原因なのかなと申し訳なく思う反面、あまりに激しかったので、私もつい怒ったりしてしまっていました。

でも2人しかいないため、私が怒ってしまうと彼女の逃げ場がないので、怒ってしまっても必ず仲直りして謝って話し合って、彼女の気持ちのやり場がない、、という風にならないようにしていました。普段もそんな感じではあるんですが、この時は特に気を使いました。

モメたそのあと、娘が元気に明るく笑えるまで見届けるようにして、なんというかこう、、彼女が一人で闇に落ちてしまわないようにと気にかけていました。
本人の本当の気持ちは本人にしかわからないので、自分が考えるできる範囲のフォローをするしかないのですが。。

いろんなことを2人で話し合ったりしているうちに、癇癪を起こしたり荒れた様子がなくなっていきました。
更にしばらくすると3人でご飯を食べたり、どこかに出かけたりしても、別れ際にさみしそうな様子を見せることがなくなり「また来週ね〜♪」と常に機嫌よくいるようになりました。

彼が仕事や特別な用事のない限り、ほぼ毎週末、土日どちらかは2人で遊んでいたので、住むところは別になったけどしょっちゅう会えるんだな、という安心感みたいなものが彼女にできてきたのと、この生活に慣れてきたのかな、、と思いました。

当時も幼稚園は相変わらず楽しくて仕方ない様子でしたし、他にも彼女を和ませる、楽しませるものがあったので、そんなまわりの環境にもすごく助けられていました。

別居後のパパと娘の交流について

元々彼は子煩悩で気が長く、面倒見がいいため、娘もパパが大好きで2人はとても仲良しだったので、さぞかし娘は別居が淋しかったろうと思います。

夫婦と親子関係は別物なので、今後も2人は今までどおり自由に交流すれば良いと思うので、離婚後も交流面会に制限のようなものは作りませんでした。
彼側の親戚で集まることがあれば積極的に娘を連れていってあげてほしいし、娘を好意的に大事にしてくれる大人とは大いに関わってほしいと思っています。

大きくなるにつれて関係性や会う頻度は変わっていくと思いますが、2人が良い関係性を保てるように協力していきたいです。

別居してからも、娘のイベントごと(運動会やお遊戯会、保育参観etc)には2人で出席していますし、今後も声をかける予定です。彼も見たいだろうし、娘も見てほしいだろうし、そういう時にパパが来てくれることで、別々に住んでいても自分を見守ってくれてるという安心感を持てるかなと思います。

あと彼女にとって、父親がどういう存在なのかは自分との関係性の中で彼女が決めることだと思っているので、私の考えが影響しないように、娘とパパに関する話になった時は、彼のいいところか、面白かった話しかしないようにしています。あ、でも彼が時間にルーズなところだけは結構娘の前でも非難していますね。笑
要は人間性を否定するようなことは言わないというのは決めています。まぁこれはどんな人間関係でもいえることですね。。

離婚の話をする時期

別居から1年3ヶ月、まだ娘に離婚の話はしていません。時期をみて正直に伝えようとは思っていますが、どう伝えたら良いか、悩むところです。
彼女が極力悲しまないような伝え方をしたいと思っています。

スポンサードリンク

コメントを残す