牛乳パック6枚でトイレットペーパー1個に変えられるんだよ

最終更新日

数日前、娘が寝る前のトークタイムにタイトルそのまんまですが、
「ママ、牛乳パック6枚でトイレットペーパー1個に変えられるんだよ。リサイクルっていうんだって。すごいよね♪」
と言ってきました。
「幼稚園にゴミ収集車の人が来てね、お話していったの。」と。

な、、んだと。。
もう両肩を掴んでガクガクするぐらい揺すって
「Mたんは本当に素晴らしすぎるぞ!!」
と伝えました。

スポンサードリンク

この話しを将来的に覚えてなくたっていいんです、別に。ただ、しっかりと人の話しを聞いていたってことが私にとってはすごいな〜と感動したんです。
聞いてそれを人に伝えるということは、へぇ〜とか、なるほど〜、と自分に落とし込めたってことだと思うんです。こうして覚えてるわけだし。

しかもいつもの担任の先生の話しでもなく、外部からきた人の話し!
それを真剣に聞いて、教えてくれたことに甚く感動しました。
他にもリサイクルできるものについても話していたけど、さすがに素材名まで覚えられなかったらしく、謎の素材名で私には伝わらなかったんですが。笑

そういえば、ちょっと前も交通安全の話を聞いたあと、2人で道路を歩いている時に横断歩道で
「右左右って見るんだよ、で、こうして手をあげてわたるの〜♪」
って聞いた時も、ちゃんと人の話を聞いているんだな❤︎って思ったけど。

他にも
「人と話す時、話しを聞く時は目を見るんだって!」
とすごい勢いで私の目を見つめてきました。

「どんだけ人の話しを聞いてるんだよ〜〜〜!❤︎」
とまたガクガクするほど揺すって褒めちぎりました。

どうしてこんなに感動するかというと、私は子供の頃、こういう類の話、一切合切聞いてない子供だったんです。w
いろんなことに好奇心をもって、興味をもって、人の話しをしっかり聞くということができませんでした。母親がそんな私の様子に呆れてたのを覚えてるぐらい。笑

もちろん、自分の興味のある話し、好ましい人の話、興味のある授業などはすっごい真剣に聞くんだけど、嫌いな科目、興味のない人の話、その時の自分に必要ではなさそうな情報を与えられると、自動的に意識を失うみたいな、知らない言語に聞こえるレベルの聞けなさっぷりで、これは大人になっても続きました。w

でも、なんてことない話からもいろんなことを感じたり、何かに思いを馳せるきっかけって、たくさんあると思うので、人の話を聞けるということは、すごく大事なことだと思っています。
なので、こんな小さな頃からしっかりと人の話に耳を傾けているということがとても素晴らしいことだなと思ったのです。

娘にはいろんな世界に興味を持って好きなことして好きなように人生を満喫して欲しい。
「面白いこと、新しいことを知ったらまたママに聞かせてね、ママも知らなかったこと知りたい!Mたんからそういう話聞くと感動する!!」と熱く語ったら、OK〜!みたいな軽い返事がきたけど、、なんかとても娘の成長を感じたのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。