インターのプリスクールと初恋の卒業

最終更新日

桜が咲いてきた〜🌸と思ったら雪が降るという気温のアップダウンが激しすぎた先週でしたが、やっと桜、綺麗に咲いてきました♪

金曜日は娘が通っていたインターのプリスクールの最後の日でした。娘はこの学校でたくさんのことを経験したと思います。

まずは英語という言語の世界に突然放り込まれて、その中で1年7ヶ月、よく頑張ったと思います。
子供の環境や言語の順応度は高く、最初プリスクールに預け始めた頃、完全に英語で会話している子供たちを見てびっくりしたものですが、娘もいつからかしっかり学校内では英語で話していました。

もちろん、ペラペラってわけじゃなく、文法なんかは間違ってたりもしますが、それは日本語でさえ完璧じゃないんだもの、当たり前。ただ日本語→英語の変換で出てくる言葉ではなく、英語頭で英語を反射的にしゃべるようになっていることがすごいなと思うのです。自然に話す子供たちの様子を見ては、まっさらな頭脳の順応性にひたすら感心していました。そして羨ましい。^^

他にも、小さいコに優しくしたり、年長のコたちと遊ぶことで刺激を受けることもあっただろうし、たくさんの人との関わりの中で学ぶことはとても多かったと思います。
家庭では一人っ子で自分中心にまわっていることもあり、早くからそういったところで他者と関わりを持ったことも良かったと思っています。

スポンサードリンク

そして初恋も。。^^

ここ半年ぐらいは、家である男のコの名前を連呼することが多くなり、好きなのかな〜と思ってましたが、学校に着いてそのコがいると「いる♪」と私に小声で囁いてニコニコしながら部屋に入っていくのを見て、やっぱりそうかと。^^

そのコはずっと同じクラスにいたイケメンのハーフの男の子で、途中までは普通〜〜に仲良しだったと思うのだけど、なにかしら好きになるきっかけがあったのでしょうか。

しかしその後、自分の彼への思いに反して、いたずらっ子だったりつれない態度の?その子に不満を募らせたのか、突然「学校行きたくない!!」と泣いてボイコットする日もありました。
好きだからこそ、相手の反応に喜んだり、傷ついたり、、女子だわ〜〜❤︎(つか、、初恋早くないか?)と思いながら見てました。
でもそれも成長だなぁと微笑ましかったです♪

そんなイケメンハーフともついにお別れ。かなり大好きだった様子の娘、大丈夫かなぁ、、と思ってましたが、わりとあっけらかん。笑
プレゼントを配ったり、みんなとお別れの挨拶をしたり、しっかりした態度でした。

でも最期、担任の先生に挨拶しようとそばに行ったら、先生泣いてて。。><
あーもう最後なんだなぁ、、と私もしみじみしてしまい、いろんなことが走馬灯状態。(ってほど親はそんなに思い出ないけど。w)
すごく素敵な先生で、みんなに慕われていて、先生にご縁があったことに改めて感謝しました。
ここでも先生は娘を抱きしめながら泣いているのに娘は終始あっけらかん。意外。。笑

その日の帰りは目黒川で娘と花見をしたものの、寒いし、薄曇りでガタガタ震えてました。ホント寒くて早々に撤収。

ともかく娘がスクールの卒業でションボリしてしまうかと心配していましたが、予想に反して元気なので安心しました。
「よーしこれから幼稚園だぞ〜〜〜っ♪」って気合い入れてるし、、w
頼もしいな。うん!楽しもう!!^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。