おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本の効果 本当に寝るのか!?

最終更新日

おやすみ、ロジャー 魔法の絵本というものがあります。子供がすぐ寝てくれて最高だとか。。
しかし私的には
これで寝る子供いるの〜〜?
という感じです。^^;

スポンサードリンク

ある日、実家に遊びに行った時、母親が
「これすごいらしいのよ〜。TVでやってたの♪」
と「おやすみ、ロジャー」の絵本をプレゼントしてくれました。当時、娘はまだ2歳だったかな。パラパラと見てみると絵も少ないし、字もびっしりだし、こんなんで寝るのかしら。。と思いましたが、でもそれで寝たらすっごいありがたい!!と思い、早速その夜読んでみました。
初回はどんな本なのか、、娘がいつコロリと寝てしまうのか、、という興味もあり、ワクワクしながら全て読みましたが、、、

娘は全く寝ませんでした。

そして私は
面白くなさすぎてもう読みたくないわぁ、しかも長いわぁ。。
と思いました。

もうね、びっくりするぐらいまどろっこしい本で、それが眠くさせようという意図なのはすごく伝わってくるのですが、一生懸命読んでも全然眠くならない娘とグダグダな内容にイライラしてくる始末。w

文の途中に「子供の名前」と書いてあり、そこに娘の名前を入れて読むと、それまでボーッと聞いていた娘が
「Mたん?、今Mたんって言った??」
とめちゃ興奮。余計起きてるやないか!その後は名前は呼ばずに読みました。

以降、懲りてもう少し大きくなってからのほうがいいのかも?と思い、封印していました。
しかし、寝る前はベッドで本を3冊読むことにしているのですが、たまに娘がこれを選んでくるのです。
「ロジャ〜♪ロジャ〜♪」と楽しそう。意外と気に入っているのか?
「あーそれママの嫌いなやつ〜〜」と言ってみるのですが、(←正直すぎる親)基本娘の選んだものを読むことにしているので、仕方なくその後もごくたまに読んでいます。

しかし寝ることは決してありません。娘的に、出てくるキャラクターが結構面白いらしく、「おねむのカタツムリ〜〜笑」

「あくびおじさん〜〜ブブブ。笑」


といちいち爆笑。
ほんと寝るどころじゃありません。w

全部真剣に読むとかなり時間がかかるので親は相当辛いです。読んでてつまらないし。なので、2回目からはまともに読まず、2P飛ばしで辻褄をあわせて読んでいます。娘、意外と気付かない。w

そして今日、寝る前の絵本に選ばれてしまった「おやすみ、ロジャー」。
3冊のうちの最後にまわしたのですが、読む前に「目を閉じて聞いてみて・・」と声をかけたら、ギュッと目を閉じてニコニコしていましたが、

読み始めて2Pめで寝ました!!!

うわ!初めて寝た〜〜〜!と驚きましたが、今日は体を動かして走り回ったし、もう22時だったし。。ロジャー効果がどうかはわかりません。笑
この本、ネタにもならんわ!と思っていましたが、今日は驚くほどコロっと寝たのでちょっと日記に書いてみました。

でも子供って、すごく騒いでいたのに突然電池切れみたいにコテっと寝ることはよくあるので、この本の効果かは微妙。次に同じパターンがあったら初めて効果を認めるかも。^^

というわけで「おやすみ、ロジャー」とにかく、まずは図書館などで借りてお子さんの感触を確かめてみてからポチりましょう♪
でも私的には、寝る前の絵本は寝ようが寝まいが、これっていい本だなぁと思えるものを読みたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。