永遠のお別れを理解した夜

最終更新日

昨日は友人の大切にしていた愛犬が亡くなった、という知らせを聞き、ショックな日でした。
そのコは、私の昔の愛犬の息子だったので、思い入れも強いコで。美しい風貌と優しくて穏やかでみんなに愛される気質は本当に可愛くて大好きでした。

昨晩、最後のお別れをさせてもらいに彼女の家へ。
愛犬が亡くなった時と同じように、寝ているようにしか見えないその姿は、現実味がなさすぎて、信じられなくて。これからそのコを大事にしてやまなかった友人が辛いであろう毎日を思うと切なかったです。

私は子供の時から犬が大好きでした。犬図鑑を眺めては、いろんな犬種を覚えたり、犬種ごとの特徴、性質などを調べていました。
子供時代、私と兄は2人とも小児喘息で、毛のある生き物を飼うことは禁止されていたので、犬と暮らす夢は叶わなかったけれど、大人になったら絶対犬と一緒に暮らすんだと思っていました。

念願叶って大人になり、レトリバーたちと暮らした数年は忘れられないです。そのコたちは今はもう天国へ行ってしまい、この世にはいませんが、宝物のような日々でした。。

その後、環境もパートナーも変わり、結婚して娘が生まれましたが、こうしてかつての愛犬の息子と娘が一緒にいる姿を見る度、不思議な気持ちでした。ありえない夢が実現した、みたいな。。

私の犬好きもあって、娘も最初から犬に抵抗がなかった様子で、大型犬に臆する様子もなく触れ合っていました。娘にとって、犬というのはこういうもの、というファーストインプレッションになったコでもありました。おおらかで包容力があって優しくて。。

昨晩、寝る前に
「今日ママ、Tちゃんとこに行ったでしょ。じつはあのコがお空に行っちゃったんだ。。だからお別れしてきたんだよ。」
と話すと、娘はみるみる目に涙をためて号泣しはじめました。
「さみしい。さみしい。。」
何を言っても泣き止まない様子を見てちょっと驚きました。

お空に行く、ということがどういうことかわかるんだ。もう二度と会えない、ということを理解してるんだ、、と。。

赤ちゃんの時から度々触れ合ってきた、初めての人間以外の大きな存在に、娘なりにすごく愛着があったんだろうなということが感じられて、それが私が大好きだった愛犬の息子だということが、なんだかとても不思議です。

生と死について、考えさせられることの多いこの頃、今自分がこの世に存在していられること、大好きな娘の元気な笑顔が目の前にあることに感謝して、今生きている幸せをしっかり感じようと思う夜です。
大好きなあのコのご冥福を祈って。お空でパパに会えているかな。。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。